SKI2011~(安比)総括

a0033530_23465920.jpg
2月4日(金)~6日(日)に掛けて二泊三日の安比高原でのスキーは、初日から三日間が毎日好天に恵まれ、頭が真っ白になるくらい滑りまくりました。

これまで毎年、安比へは空路で三沢空港まで飛んでバス(2時間)というJALツアーズを利用しているので、雪で飛行機が欠航となるリスクを避けて、本格的な降雪時期が終わった3月中旬に行っていました。 今年は初めてリスクを踏んで、例年より一カ月早めにスケジュールを組んでみたわけです。

流石に今シーズンは年末からの寒波の影響か、三沢空港周辺もかなり雪が積もっていて、安比高原に至るまで、バスの車中からはずっと雪景色でした。 

ゴンドラで乗り合わせた地元のスキーヤーの話しによれば、2月初旬の時期に安定した晴天が連続するのは安比では珍しいとのこと。 その代わり、到着する2日前から暖かったので、二日目(早朝まで5cm程の積雪がありました)、三日目と少しずつ雪が重く硬くなってきたのは残念でした。 でも夜は気温がグッと下がって、早朝からは丁寧にゲレンデ整備が行われているスキー場なので、一夜明けると、少なくても午前中は素晴らしいコンディションでした。

足馴らしのホームゲレンデであるGALA湯沢と違って、安比はスキーヤーが多く、シニア人口が高いです。 というより、シニアが多いからスノボよりスキー人口が多いのかも・・・。 ま、ともかく皆さん、飛ばし屋です(笑)!
そんな方々とゴンドラに乗り合わせると、どちらからともなく気軽に声を掛けて話が弾みます。 山頂に着くと、お互い怪我しないで楽しみましょう!と言って別れるという、いよいよというか、漸くというか、日本もスキーはシニア向けのスポーツとして定着してきたのかな、と実感します。 

さて、次回のスキーは
・・・・ルスツです!
[PR]

  by risky_k | 2011-02-09 23:50 | risky_k's SPORT

<< SKI2011~(安比)事件発生! SKI2011〜7th Day... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE