<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

SKI 2011〜第1回(GALA湯沢)その3

a0033530_16253122.jpg

GALA湯沢は昼過ぎまで晴れていましたが、3時頃から本格的な雪になってきました。
シーズンインの足慣らしにしては十分過ぎるくらい滑ったし、視界も悪くなってきたので、早めに下山して撤退しまーす。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-31 16:25 | risky_k's SPORT

SKI 2011〜第1回(GALA湯沢)その2

a0033530_10591267.jpg

GALA湯沢は現在曇り時々晴れ! 微風です。
心配していた天気は今のところバッチリ!

9時半にはゲレンデに立っていたので、早めのランチタイムに入っています〜。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-31 10:59 | risky_k's SPORT

SKI 2011〜第1回(GALA湯沢)その1

a0033530_751256.jpg

大晦日ですが、これから上野駅よりGALA湯沢に向かいます。数日前から大荒れの天気との予報でしたが、どうなることやら…。
朝6時に更新されたGALA情報では「本日営業します」ということなので、取り敢えず行ってみます。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-31 07:51 | risky_k's SPORT

コミックマーケット79

a0033530_22103663.jpg今日からお休み!

というわけで、本日初日の『コミックマーケット79』に行ってきました。
自分としては数年ぶりのコミケでしたが、行きのゆりかもめはそれほど混んでいなかったので、こんなものか~、と思ったものの、やはり国際展示場前正門駅に着いたら、ホーム上は人で満員! 既に戦利品の紙バッグを両手に早々と撤退する人たちでした。 駅からビッグサイトまで人、人、人で埋め尽くされていました。

メインターゲットは、5pbの企業ブース、それも「Chaos;Head」と「Steins;Gate」の『科学ADVブース』の単独出展!
とりあえず、会場到着後、西館4Fを目指して直行。階段を上がって各種企業ブースの配布待ちの行列を横目で見ながら会場内に入って目指すブースNo.213へ。

科学アドベンチャーセット(イベント価格\5,000)をゲット致しました~。
画像はセット品の入っていたC79特製バッグです。
中身のひとつ、LABORATORYS BOOKは制作中のアニメ版「シュタゲ」の紹介が中心でしたが、それよりも気になるのは科学ADVシリーズ第3弾『Robotics;Notes』の告知ですね~。 
"拡張科学ADV"という副題が付いていますが、<拡張>が意味するところが何なのか? う~ん、気になります・・・。 2011年発売予定! 
[PR]

  by risky_k | 2010-12-29 22:12 | risky_k's GAME

『Steins;Gate』 終わってしまった・・・終わってしまった・・

a0033530_2314736.jpgあー、終わってしまった、終わってしまった、終わってしまた、終わってしまった・・・。
遂に『Steins;Gate』を全クリアしてしまったのです。 最後の最後まで、そしてTRUE ENDも良かったです~!
総プレイ時間66時間23分。
長らく付き合ってきた『Steins;Gate』が終わってしまい、しばらくは喪失感に捕らわれそうですが、OPテーマやPC版イメージソングをヘビーローテして過ごします・・・。

TVアニメ公式サイトで「2011年春放送予定!」と告知されましたが、ここまで完璧無敵なゲームシナリオをどうやってアニメ化するのか、正直なところ不安の方が大きいのです。

【以下ネタばれ有り】

まゆりルートを終わって、紅莉栖ルートの分岐点まで戻って、そこから既読スキップを使わずに、第2周目をプレイし続けていましたが紅莉栖ENDへ到達。 基本は一周目と同じストーリーを辿っているのに、追加された紅莉栖の言動やメールで彼女のヒロイン度急上昇! やっぱ助手、最強!
ところが紅莉栖ENDでは、二者択一で彼女が選択されると思いきや、ここでも岡部の選択はまゆり。 おいおい、これまでのフェイリスEND、ルカ子ENDではそれぞれフェイリスとルカ子との未来が選択されたので、紅莉栖ENDでは紅莉栖が選択されるのかと思いきやの意外性じゃないですか。 ゲームのライブラリを見ると紅莉栖ENDはフェイクENDってことになっているんですね。
そこで、いよいよTRUE ENDに向かって途中からの3周目に突入したわけですが、フェイクENDと全く同じ流れでクレジットが流れ始めて、あれっこれで終わり?、どこかで間違った? と思わせておいて電話が着信、これまで何度も見慣れてきたクレジットが一気に逆回しに巻き戻され、第11章「境界面上のシュタインズゲート」のタイトルが現れるというスゴイ演出! これは鳥肌もんでした。

TRUE ENDはある意味、想像していた通りですが、だからと言って失望したわけではなく、寧ろ期待どおり。 観測されていない未来、何が起こるか判らない未来、α世界線でもβ世界線でもない未知の世界線への到達というエンディングで、このゲームは完璧なストーリーを紡いだのです。
岡部と助手が最後の最後にアキバ路上で遂に再会するシーンは、これも予想どおりでしたが、紅莉栖の涙と共に、二人の未来に無限の可能性があるという余韻を残したBest Endingと言えるでしょう。

尚、PC版ではけっこうマシンパワーが要求されるらしく、良く落ちるというユーザーもいるようですが、私の場合は一度も落ちることなく最初から最後まで安定動作していました。因みにマシンスペックは以下:(詳細はこちら

CPU:Core i7 860 2.80GHz
OS: Windows 7 64bit
メモリ:8GB
起動ディスク及びアプリインストール先:SSD Intel X-25M 80GB
グラフィックカード:RADEON HD 5850
[PR]

  by risky_k | 2010-12-26 23:24 | risky_k's GAME

『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

a0033530_2354268.jpg久しぶりに映画を観てきました。巷でとかく話題になっている『SPACE BATTLESHIP ヤマト』です。

TVアニメ「宇宙戦艦ヤマト」のオリジナルが放送されたのは、1974年から1975年に掛けての半年間。 リアル・ヤマト世代の私ではありますが、私にとっての松本零士は、宇宙戦艦ヤマトでなければ、銀河鉄道999でもなく、コミックの短編連作「ザ・コクピットシリーズ」の作家としての松本零士でした。 その中でも印象に残っている作品は「不滅のアルカディア」で、第二次世界大戦を舞台にした、ドイツ空軍のエース・パイロット、ハーロックと日本人技師、台場元の照準器をめぐる男の友情の物語でした。(「男おいどん」も面白かったけど・・)

何故、古い話を始めたかと言えば、当時リアルタイムで「宇宙戦艦ヤマト」をTVで見た時点で、超アナクロな舞台設定とステレオタイプな登場人物に、友人達となんちゅうトンデモアニメなんだ~と毎回放送の翌日に大学で談笑したことを思い出したからです。そんなアニメを、この2010年に実写映画としてリリースするということが暴挙(?)と言わず何と言おう、というのが一年以上前に製作発表された時の率直な気持ちだったからです。

この映画に対して、特にポスト・ヤマト世代からネガティブな意見や感想があるのは当然でしょう。 もともと戦場まんがを一つのテーマにしていた松本零士がメカやキャラクターデザインを担当したということで、アナクロ感は当然の帰結であり、トンデモ設定それこそが宇宙戦艦ヤマトの真骨頂なのですから、それをとやかくいうのは筋違いというもの。

一方で、私を含めたリアル・ヤマト世代としてとても気になるのは、やはり主役の古代進と森雪でしょうね。 古代進は完全に木村拓哉に乗っ取られてしまっていますし、森雪はと言えば黒木メイサにマッチするようにオリジナルの清楚な雪とは対角的な闘う女性の設定に変更。 でもTVアニメから35年以上経っているのですから、現在の同世代を反映させた点は必要な調整ということで、私は否定的には捉えていません。
ただ、退役していた古代進が服役し、そして副艦長になってヤマトの指揮を執る過程で、木村拓哉のキャラと、軍人としての古代進のキャラが彼自身の中で折り合いがついていなかったのではないか、それが演技に現れてしまっているのが気になりました。

早々と寝たきり老人になってしまった艦長は如何なものかとか、ガミラス星人・・あれはひどい、とか、デスラーは無理でも、スターシアは登場させて欲しかったとか、ツッコミどころは多々ありますが、懸念していた程には破綻していなかったと思います。
しかしながら、全編通じて盛り上がりどころがなくスピード感に欠けているのが、映画としては明らかな失敗どころ。 一年を掛けた銀河系外宇宙への航海を一本の映画に仕上げるという試み自体が、基本的に高すぎたハードルだったのかもしれません。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-23 23:11 | risky_k's MOVIE/TV

『CHAOS;HEAD』&『STEINS;GATE』 マニアックス

a0033530_18432043.jpg12月17日に発売になった『カオスヘッド』&『シュタインズ・ゲート』のマニアックス本を書店のゲーム攻略本コーナーで発見! 結構ぶ厚い。 カオヘは未プレイですが、シュタゲをメインに編集しているようだったので、迷わずお買い上げ! 1冊しかなかったですし~(笑)
表紙のクリスティーナのイラストが別人っぽいですが、サービスポーズってことで許します(爆)

書き下ろしのショートストーリーと、それに連動した「牧瀬紅莉栖からの手紙」が付属!
これは全ルートクリアしてからじっくりと読みますっ。

そう、未だに紅莉栖ルートの途中でして・・・
第4章のルート分岐点から既読パスをせずに2週目をプレイ始めて(というか既読パスが出来ない)、第9章の中盤まで到達したのですが、来るべき紅莉栖からのメールが来ないことが判り、第8章までもう一度戻ったり・・・と遠回りをしておりまして。ふ~

ま、すっかりシュタゲ・フリーク化していることは確かです!
[PR]

  by risky_k | 2010-12-19 18:46 | risky_k's GAME

やっぱり暖冬?

a0033530_15242780.jpg今年は雪、なかなか降らないですね~。

スキー場の積雪が気になるので、安比スキー場のウェブサイトにあるライブカメラをメインPCのブラウザで常時表示状態にして毎日チェックしています。 この2週間はやっと少し降って積ってたと思ったら、次の日に見たら気温が上がって雪が全くなくなっていたり・・・ガックリの連続です。 今日現在の安比リゾートセンターからのライブカメラの画像から察するに僅か10cm程度かな? こんな状態なので、未だにオープンが延ばし延ばしになっている状況です。
毎日、天気図が気になる日々ですが、安定した冬型の気圧配置になかなかならないというか、なっても北海道以北という感じで、まだ太平洋側の高気圧が強いせいかなぁ~と素人考えで思ったりしています。

今シーズンの第一回目は、恒例どおりヒトリストでのGALA湯沢になると思いますが、GALAはスノーマット敷設のメロディーコースのみで12月10日に開業! 今日現在はスノーマットの上に湿雪が20cm積もった状態のようです。

第一回目、年内に行けるかなあ~。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-12 15:25 | risky_k's SPORT

陰陽座ニューシングル 『紺碧の双刃』

a0033530_15391189.jpg来年2月9日にリリースが決まった陰陽座のシングル『紺碧の双刃』が初めてNACK5の「HOT ROCKIN'」でオンエアされました。
2009年夏にシングルリリースした「蒼き独眼」の直系の続編と紹介されていただけで、どんな曲なのか、音源の解禁を待ちかねていましたが、遂に聞きましたー!

期待どおり黒猫さんのボーカルで始まり、どこで瞬火が被せてくるのかを思ったら、いきなりのデスボイス(爆)! ナニを言っているか全く聞き取れなかったですが、ライヴでも盛り上がりそうなキャッチーな曲展開です。
スピード感のあるメロディに対して、 相変わらずというか、いつもより更にパワーアップした感のある黒猫さんの伸びやかで安定感のあるボーカルがマジ凄い!

しかし2月まで先が長~い。PVロケが終わったようなので、せめて早くPVを完成させて流して欲しいものです。
それから先行情報も発表! キタ━(゚∀゚)━!!
(但しファンクラブ限定なので・・・)

問題は12月22日発売の全曲収容BOXセット『陰陽大全』を買うべきか、買わざるべきか。
最終的には買ってしまいそうな予感・・・。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-05 15:43 | risky_k's MUSIC

『Steins;Gate』 いよいよ終盤・・・いや、まだまだ道半ば。

a0033530_0561586.jpg数日前に「いよいよ終盤」と書き込んだ『Steins;Gate』ですが、紅莉栖ルートへの分岐点がどこなのか? こればかりはwikiに頼らざるを得なかったのですが、シナリオ前半戦の紅莉栖が発信した携帯メールへの返信選択がトリガーでした。
普通ならこの手前のLoadingポイントから再開して、トリガーを引いてからは既読スキップで進むという手法のはずですが、ここまでかなりの時間を掛けて進めてきたこともあって、シナリオ前半部分の記憶が薄れかけてもいるし、敢えて既読スキップを使わずに、全シナリオを辿り直すことしました。

この方法で再開してみると、今のところストーリーの流れは初回と全く変わっていないものの、ところどころで紅莉栖の言動が追加されていて、何とデレ要素が向上している! これはなかなか憎い演出! 岡部との関係が微妙に変化し始めました。
となると、変わった箇所はどこなのか、追加された紅莉栖トークは何なのか、余計に気になってしまうのです。

しかしながら同時に不思議な感覚を覚えてきました。未来の記憶を持って過去へ跳躍して、今度は少し異なった世界線でもう一度やり直しているような・・・。 そうです、紅莉栖ルートは、まるでゲーム内の世界そのままに、プレイヤー自身がタイムリープした観測者を演じているわけです。 う~ん、もしここまで計算されていたのだとすれば、シュタゲ・・・恐るべし!

でも、こんな遣り方で進めていたら紅莉栖ENDまで・・何時間掛かるのかなあ?
(それだけ長くシュタゲを続けられるのは本望ですが)
[PR]

  by risky_k | 2010-12-03 00:58 | risky_k's GAME

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE