<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

『Steins;Gate』 いよいよ終盤

a0033530_1574583.jpgちびりちびりと8月末から進めてきたゲーム『Steins;Gate』(PC移植版)ですが、やっとフェイリスルート、萌郁ルートを経て、まゆりENDまで辿り着きました。
達成感というよりは、いよいよメインヒロインである紅莉栖ルートを前にして、遂にここまで来てしまったか、という感傷に近い思いです。
意図的に攻略サイトや、ネタばれのインプレッションを閲覧するのを極力回避して、その代わり、じっくりと時間を掛けてステージ毎に自分なりの考察をしながら進めてきました。

【以下ネタばれご注意】
第10章の、まゆりの生存か紅莉栖の生存か二者択一を迫られ主人公の岡部が苦悩する展開は、予想されたことで特に新たな驚きは感じませんでした。
何故なら、Dメールによって改変してしまった過去を修復するために、悪戦苦闘する岡部ですが、全てのDメールによる影響を消去して元の世界に戻そうとする行為は、ゲーム冒頭、紅莉栖の死で始まったβ世界線に戻すことであり、過去の紅莉栖の死が確定することを意味するのではないか。 自分の中ではゲーム初盤からそんな確信がありました。
 そうは言いながら、第9章の最終シーンで、岡部が始めてヒロイン二人の因果関係に気付くシーンでは胸が締め付けられる思いはしましたが・・・。

もともと、タイムリープマシンを完成させたのは天才女子大生の紅莉栖であり、その後セルンに拉致され、数十年後のタイムマシンを開発するのも紅莉栖であるが故に、アトラクタフィールドを飛び越えるような世界線変動を引き起こす因子は、彼女に係ることしか有り得ないですよね。

さあ、これからいよいよ助手ルートに入ります。

【ここからは考察】
というか、まゆりルートを終わった段階での疑問です。β世界線に戻ったからと言って紅莉栖の死への収束は絶対に不可避ないのか? 真の要因は彼女の存在ではなく、彼女が岡部に出会い電話レンジ(仮)の存在を知ったことではないのか? 
岡部と係りをもたない世界を構築出来れば、彼女の死は収束条件ではなくなる・・・?

私の推測は当ってるかなぁ~。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-28 15:09 | risky_k's GAME

12月10日、GALA湯沢オープン

a0033530_22363966.jpg昨日は昼から一気に気温が下がって、夕方は寒い雨でした。
夏の記録的な猛暑の最中は、冬は来るんだろうかと本気で心配でしたが、今朝は一番の冷え込みとか。
この冬はラニーニャ現象の影響で偏西風が蛇行し、暖冬傾向だったここ10年と比べれば、寒さは厳しいとの予測。 ところが一方では、ラニーニャでも寒気が蓄積と放出を繰り返す北極振動が起これば、日本は暖冬になるという見解もあり・・・。
全く正反対の予測じゃないですか!
しかしどちらも日本海側や北日本は雪が多いという見方は一致しているみたい。 
でも予報っていつも裏切られるからなぁ~

基本ヒトリスト・スキーヤーを自負する私ですが、ホームゲレンデ、GALA湯沢のオープンは12月10日。 今シーズンは南エリア再開と下山コースのオープンと昨シーズンまでとは一味違うゾ。

ということで、新旧2台のスキー板、SALOMON XRとX3を並べた画像です。
・・・ん?
・・・何か?
・・・スキーの右?
・・・ジャケット?
・・・気が付いた?

そうなのだよ! 買ってしまったのだよっ! GOLDWINのアウターウェア「G-5042」を!
フゥーハハハ!それがシュタインズゲートの選択なのだ!

こうなったらば早く、雪降って下さい。雪降って下さい。
大事なことなので2回言いました。

(Steins;Gateのお陰で海馬を相当やられてます。)
[PR]

  by risky_k | 2010-11-16 22:38 | risky_k's SPORT

JUJU 『この夜を止めてよ』

a0033530_23302350.jpg冬のリリース曲は勝負曲、と巷では言われていますが、JUJUの新曲「この夜を止めてよ」が11月17日にいよいよ発売日を迎えます。
作詞、作曲は松尾潔さん、松本俊明さんという最強コラボ。

JUJUさんはデビュー当時からのお気に入り。それから彼女ほどブレイクしていませんが、YU-Aさんも個人的にはプッシュ中。 このふたりの、どちらも個性的な声質が好きなんです。

ドラマ「ギルティ」の主題歌としてTVでは流れているのでしょうが、ドラマの方は全く見ていないので、逆にイメージがカブることなく純粋に歌詞の世界に入れるというか、曲のイメージが広がるという場合もありますよね。

「"愛してる"っていうあなたの言葉は"さよなら"よりも哀しい」 というキャッチーな歌詞が印象的ですが、PVの冒頭ではその世界観が携帯での短い会話という形で演出されています。

彼女「声、聞かせて」
彼氏「ごめん・・」
彼女「声、聞こえた・・ありがとう」

携帯の会話が途切れてしまいお互い無言になった瞬間の辛さ、それでも気丈に彼のことを気遣う女性の哀しさが、この短いやりとりから痛いほど伝わってきます。

「終わりにしたいのなら 5秒だけ下さい。目を閉じて深呼吸 その間に忘れてあげるわ」

別れを切り出せない彼に対して、彼女の本心とは正反対のセリフなんだろうけれど、こんなことを言われたら逆に別れられなくなるだろうなあ。 むしろ彼はこう言われるのが判ってしまっているから、別れを切り出せないのかもしれない・・。
(歌詞はこちらで)

今プレイ中のPCゲーム「Steins;Gate」では、ルカ子ENDへの世界線を辿っているところですが、数日だけでも恋人になって欲しいと願うルカ子に、それを受け入れるものの投げやりなデートをしてしまう岡部。 それでも最後の日に「恋人でいれくれてありがとう」と岡部に言うルカ子の健気さに、ちょうど「この夜を止めてよ」の歌詞を重ねてしまうのでした。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-15 23:33 | risky_k's MUSIC

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 第7巻

a0033530_18315640.jpg11月5日に発売された「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の第7巻、あっという間に読んでしまいました。
あれよあれよという間に、このシリーズも第7巻まで続いたしアニメ化もされたし、第1巻から読んでいるファンとしては、まさかここまでポピュラーなタイトルになるとは思いませんでした~(作家さん、すいません・・)
最大の魅力は桐乃の最強の捻くれキャラクターを筆頭に、沙織、黒猫etc.の個性がみんな魅力的だからですね。

今回の第7巻は、表紙のイラスト通り、いきなり桐乃とその兄、京介の偽装デートから始まりますが、この二人の関係は相変わらず直ぐにケンカモードになってしまうものの、第1巻の頃とは確かに変化というかお互い成長しています。 それが逆に黒猫には、心穏やかでなくなるという・・・お約束の展開に!

京介も黒猫を意識してはいるものの、ラストに衝撃の展開あり!
第8巻はどうなるのぉーーー!?
[PR]

  by risky_k | 2010-11-13 18:33 | risky_k's BOOK

『楽々はがき2011』

a0033530_6342045.jpg早々とクリスマスツリーが登場してところもあるようですが、店頭にはハガキ作成のソフトや卯年年賀状のムックが既に並んでいます。

昨年まで年賀状の宛名印刷と住所録管理はサブPCで作業していましたが、サブPCマシンを入れ替えてXPからWindows 7にしたため、これまでそのためだけにインストールしてあったJust Systemの総合ソフト「Just Home」が動作しなくなりました。
「Just Home」がなくなって困るのは宛名印刷だけなので、年賀状シーズンになったら考えようと、取り合えず住所録データだけは汎用性のあるフォーマット(CSV形式)に変換してUSBメモリに保存しておきました。
例年ならば、とてもとてもまだ年賀状のことなど考える時期ではないのですが、今年は親族が亡くなったので、喪中の案内ハガキを早めに出さなくてはなりません。

ということで、ハガキ作成ソフトを見にいきました。
「筆王」「筆まめ」あたりがポピュラーですが、そこで発見したのがJust Systemの「楽々はがき2011」。他のソフトとの機能比較よりも、単純にインターフェースがJust Homeと少しは似ているだろうという判断で「楽々はがきDeluxe」を購入しました。 よく考えたら「Just Home」はワープロや表計算等の統合ソフトだったので、「楽々はがき」の古いバージョンがバンドルされていたというだけなんでしょうが・・・。

パッケージを開けて最初にマニュアルをチェックしたら、Just Homeで作った以前の住所録データがそのまま読み込めることを確認! 
実際インストールしてみたら、インターフェースもほぼ継承しているし、ファイル形式も同じでオリジナルデータが読み込めたし、私の選択は正解でした! 
古いユーザーを置き去りにしないJust Systemの姿勢に感謝です。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-07 06:35 | risky_k's PC/GADGET

体組成測定

a0033530_16185123.jpg8月末にフィットネスクラブのメンバーになってから、ちょうど2ヶ月が経過したところで、成果は如何に・・・? 
ということで、初回に行った体組成測定を、2ヶ月ぶりにチェックしてもらいました。

測定器はTANITA製で、体重計のような装置に裸足で乗って両手でグリップを握るという簡単なものですが、部位別の体脂肪率、筋肉量データetc.をプリントアウトしてくれます。

結果は・・・ほとんど変化なし! というか誤差の範囲とは思いますが、体脂肪率は17%から何と17.2%に逆に増えてるーーっ! 
その他のデータは前回とほぼ全く同じ数値なので、測定値はそれほどいい加減というわけではなさそうです~。
週末の土日は、旅行で不在だった1回の土曜日を除いて皆勤、更に祝日も全て通ったので、自分としてはそれなりに頑張ったつもりだったのに・・。

身体は軽くなってきたような気がしていたし、少しは筋肉も付いてきたかなぁ~という感じはあったのに、自分勝手な思い込みだったのかなぁ~。 期待しちゃいけないと思いながら測定したのに、判っていながら、でも正直なところ・・ちょっとガッカリ・・・。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-03 16:20 | risky_k's MONOLOGUE

Cheuniコンサート~えにし~

a0033530_2331121.jpg昨晩、チェウニのコンサートを聞きに行きました。 
会場は日本橋公会堂で、キャパは400人ちょいくらい。 彼女は冒頭で500人と言っていましたが、少なくても2階の両端は使っていなかったようなので、観客は300人程度だったかも・・・。
途中15分の休憩を挟んだ2部構成は、マジョリティだったシニアオーディエンスへのトイレ配慮かな?

1部で10曲、2部も同じ程度の曲数をMCを交えて一気に唄いまくるという、構成も演出もほぼ皆無という潔さ!
2部では誰かゲストを呼んでいて、間を繋ぐのかと予測していましたが、最初から最後まで一人で熱唱に次ぐ熱唱。ちょっとマイナーな曲も混ぜて、オリジナルをフルコーラスで唄ってくれましたので、コストパフォーマンスがとっても良い2時間でした。
最後から2曲目は12月15日にリリースされる新曲「雪は、バラードのように・・・」のご披露。そしてラストは「この歌をあなたに」。

ちょっと怪しい日本語でのMCは相変わらずグダグダながら、間が持たないようで持たせちゃうというか、微妙なコントロール感というか、見聞きしている方に綱渡り的な緊張感を与えるという不思議な効果をもたらしていました。
画像は会場で買ったPV集DVDと特典のサインカード。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-02 23:32 | risky_k's MUSIC

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE