<   2010年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

陰陽座 ツアー4公演中止!

a0033530_2330583.jpg全国ツアー中の陰陽座が黒猫さん(Vo)の突然の体調不良のため、7/28の松山公演を急遽キャンセルし、10日前後は療養するという情報が飛び込んできました!

急性声帯ポリープということで、静養と安静をすれば回復するとのことですが、彼女のあの素晴らしいボーカルが陰陽座の最大の魅力、否、私にとっては陰陽座そのものなので、無理せずにまずは休んで完治して欲しいと願うばかりです。

一昨日(時間的には昨日ですが)のこのブログに、今週は四国から沖縄と書いたばかりだったので、ともかく驚きましたが、ツアー最中の突発的なトラブルで、ライヴを待っていたファンは勿論、それ以上にグループメンバー、そして何より黒猫たん自身が一番ショックでしょう・・・。

ドキドキする・・・と書きましたが、どうしてなのかと実は不思議でした。 
あれは胸騒ぎだったのかもしれません。

ツアー日程に囚われず、今後の予定を全部キャンセルしてでも、療養を最優先にして欲しい・・・そして、完全復帰してまた4回5回のアンコールに応えて欲しい~!

瞬火さんのブログにお詫びの言葉が掲載されましたが、最後のパラグラフ・・・。
流石に我らが兄上! 胸にぐっとこみ上げるものがありました。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-30 23:34 | risky_k's MUSIC

陰陽座 夏ツアー・グッズ到着

a0033530_0401860.jpg7月11日の横浜からスタートした陰陽座の夏ツアー「続・生きこととみつけたり!!」は順調に公演日程を消化している様子です。 普段はあまり更新されない兄上ことリーダー瞬火の公式ブログも、ツアー中は頻繁に各地の様子がアップされていて、ライヴの熱気が伝わってきます。
今週は四国、そして来週は九州、沖縄方面。

今日、発注していた今回のツアーグッズが宅配便で2箱到着していました。 大きい方の箱には、白Tシャツと扇子、小さい箱は黒Tシャツです。 最初、発注した時に黒TシャツがSold Outだったので、入荷を待って追加注文したものが一緒に届いたのですが、結果的には送料を倍払ってしまったというか・・・。

これでライヴ参加の準備完了! 後は、3週間後の当日を待つだけです・・・今からドキドキ。。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-29 00:42 | risky_k's MUSIC

「Error Occurred...」とYouTube

a0033530_11312.jpgウェブサイト「Error Occurred...」のデザインを少しアップデートしました。
何を遣ったかと言いますと、<Prologue>のページにYouTubeの動画を埋め込むという作業でしたが、使用しているサイト制作ソフト「BiND for WEBLIFE」の[SYNC]機能を使ったもので、シンプルプレイヤーを設定してYouTubeの指定動画とリンクさせるというもの。 
これが意外にもすんなりと成功しました。

同じ[SYNC]機能である、アンケートフォームの貼り付け設定が出来ず、諦めてNINJA TOOLのメールフォームを使ってお茶を濁した後だっただけに、うまく出来て意外というのが率直な気持ちでした。 この[SYNC]というのが曲者で、サーバーに繋がりませんと気紛れなアラートを良く出します。 
でも今回の作業で、「あれっ、もしかしたら・・」というヒントを掴んだ気もするので、今度、アンケートフォームに再挑戦してみようかと思います。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-27 01:04 | risky_k's PC/GADGET

デュアルディスプレイ環境

a0033530_2235220.jpg昨日、今日と二日間、ウェブサイト「Error Occurred...」の更新やデザイン変更の作業をやっていましたが、新しく購入した27インチ液晶「三菱電機~RDT271WM」と、従来から使用している24インチ液晶「EIZO~S2411W」のデュアルディスプレイ体制は、実に便利です。

複数のアプリを同時起動して、ファイルを参照したり、アプリからアプリへ移動したりという作業は、横並びにした2画面を広く使えることで、作業効率が劇的に改善しました。
一度これを体感したら、もう1画面には戻れないっていう感じ!
[PR]

  by risky_k | 2010-07-25 22:07 | risky_k's PC/GADGET

27インチディスプレイ~『RDT271WM』のレビュー

a0033530_19113743.jpg先日の告知どおり、三菱電機製『RDT271WM』~27インチ液晶ディスプレイのレビューをWebサイト「Error Occurred...」にアップしました。 興味ある方は是非、お立ち寄り下さい!

この『RDT271WM』を購入した時は、映像入力端子が5系統もあるので、これまで使ってきたEIZOの24インチ(S2411W)と置き換えるつもりでしたが、試行錯誤の結果、新旧ディスプレイを並べて置くことにしました。 このためデスク上に設置していたShuttleのベアポーンPCは位置を変えてデスク右の引き出しの上に移動。
27インチと24インチがデスクに2台並んだ状況はなかなか壮観です! うふふっ~

メインPC(Core i7 860/Windows 7)のDVIx2出力を24インチと27インチに接続、またサブPC(Core2 Quad Q6600/Windows Vista)もDVI-DVIで24インチへ、またDVI-HDMIで27インチへ接続。 そうですっ、2台のPC両方をデュアルディスプレイ環境にしたのですよ~!
(ShuttleはD-SUBで27インチに接続)
[PR]

  by risky_k | 2010-07-24 19:13 | risky_k's PC/GADGET

リチャード・モーガン著 『ウォークン・フュアリーズ』上下

a0033530_23404943.jpgおっ、驚きました!
文庫化された「オルタード・カーボン」に続いて、「ブロークン・エンジェル」の単行本上下巻を読み終わり、タケシ・コヴァッチシリーズには未訳の3作目が残っている・・・と書いたばかりだったのに~。

今日、書店で偶然に文庫コーナーにその3作目である『ウォークン・フュアリーズ』が平積みされているじゃないですか! 目を疑いましたよー。

まさか、こんなドンピシャなタイミングで出版されるなんて・・・。 もちろん、即購入しました!

1作目の「オルタード・・」が文庫化され、2作目の「ブロークン・・」がまだ単行本しか出ていないので、まずは2作目が文庫化されてから、もしかしたら3作目となる本書が単行本で出るかも、と期待していたので。 いきなり2作目を飛び越えてリリースされるとは思いませんでした。
帯には<文庫訳し下ろし>と書いてあります。 それにカバーはスリーブをイメージしたデザインで相変わらずキャチーで雰囲気ぴったり。

でも、本当はボックス入りの単行本で出して欲しかったなぁ~。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-23 23:42 | risky_k's BOOK

リチャード・モーガン著 『ブロークン・エンジェル』下巻読了

a0033530_19565267.jpg下巻を読み終わりました。

古代火星人の残した恒星間宇宙船を探すという冒険ストーリーながら、の~んびりペースでクルー探しをしていたのが上巻まで。 ジャンク屋さんからバケツ一杯いくらで、人の意識がデジタル化され記録されているメモリー・スタックを買って、その中からクルーを人選、面接試験もバーチャルで行うというのが27世紀の求人方法なのか~、と納得。

下巻に入って異空間へのゲートを開けることに成功し、目的の宇宙船を発見して内部を探検という展開で、上巻から一転こちらもペースアップし、半分過ぎまで一気に読み進みました。 ここまで来て、後半は意識的にペースダウンして、じっくりと最終ページまで・・・。
前作が「探偵もの」なら本編は「冒険もの」で、よりスケールアップしていますが、ちょっと風呂敷を広げすぎて、フラグが回収し切れなかったような読後感ではありました。

前作でもありましたが、拷問シーンやら、抹殺シーンやら結構エグいシーン多数で、ビザール的要素たっぷり。 それに本編でも主人公コヴァッチは相変わらず、無茶苦茶に不死身体質(?)ですが、自分で自分の身体を傷つけたり、それでなくも放射能に侵されて徐々に肉体が崩壊していく様は、何と言うかマゾ的だったりします。
この作家はもともと英語講師だったそうですが、どういう性格の人なのか・・私は好きですが・・(笑)。

エピローグはコヴァッチの独白・・・このセンチメンタリズムが本骨頂!

もう一冊、シリーズ最終巻(Woken Furies 2005)が未訳で残っているそうですが、再び新しいスリーブを纏ったタケシ・コヴァッチが日本に登場するまで、SF作品好きの私自身はバーチャル・ワールドにひっそりと匿っておきます。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-22 19:59 | risky_k's BOOK

27インチ液晶ディスプレイ『RDT271WM』

a0033530_2325349.jpgここ数日間、自宅で長時間PCに向かって作業をしているもので、目が疲れて頭の奥が痛くなってきました。
今朝になっても、ダメージが残っている感じ・・・。

そこで突然に思い立って、コペンでアキバに急行! 27インチディスプレイを購入しちゃいました。 三菱電機の『RDT271WM』です! 毎度、毎度の騒動買い・・・(笑)
これまでは3年半前に購入したEIZOの24インチ「SW2411」を使ってきましたが、同じ解像度でも表示が大きい方が、楽かな~と。 それと現在、PC x 3台体制なので入力端子が多いモデルに魅力を感じまして・・・と衝動買いは、常に自分を納得させる理由を用意しておりまして。

小さなコペンに入るかなと少し不安はありましたが、何事もなくトランクに納まりました。

またそのうちに、Webサイト「Error Occurred...」に『RDT271WM』のレビューをアップしたいと思います。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-18 23:07 | risky_k's PC/GADGET

「Error Occurred...」のアンケートフォームが消滅・・・

a0033530_21475416.jpg現在、本家Webサイト「Error Occurred....」のアンケートフォームが使えなくなっています。 ここ数日、対策中ですが未だに復旧出来ず、現在はフォームが消滅した情けない状態を晒しております・・(汗)

Webサイト制作ソフト「BiND for WEBLIFE」は「お問い合わせ」や「アンケート」などをページ内に設置することができるというのが、ウリ機能のひとつで、フォームに寄せられたデータは、Googleの「ドキュメント」内の「スプレッドシート」に蓄積され、Excel(エクセル)と互換性のあるファイルに書き出し可能になっています。

この機能を活かして、BiNDを使ってサイトを再構築した際に、マニュアルどおりにフォームを設定したのですが、先日初めて試しに送信しようとしたら、何度やってもエラーメッセージが出ることが判明。 もしかしたら、設定当初から問題があったのかもしれません。

そこでもう一度フォームを張り直そうと、ブロックエディタで古いブロックを削除したうえで、新たにブロックを追加して「フォーム」パーツを選択、SYNCが起動して各種設定を終了・・・ここまでは順調なのですが・・・。
問題は、SYNCからBiNDのブロックエディタに戻ったところで、右下の「適用」をクリックすると、ブロックエリアに「フォーム」パーツが張り付くはずなのですが、何も表示されないのです。 5月に作業した時は、問題無かったのになあ。

念のため、サイトにページを転送してみましたが、案の定ブロックはブランクのまま、という見ての通りの症状というわけです。トホホ・・・。
ここ数日、毎晩、思い付くことをやってはいますが、未だにダメですね~。

SYNCを介さずに、サードパーティのレンタルフォームを使って、タブを書き込んでみましたが、その方法だとフォームはちゃんと表示されます。 でも折角、BiNDに実装されている機能なので、それを使いたいんですよね~。 そうは言いながら、今の状態をいつまでも放置しておけないし。。
毎晩、悩んでいます。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-17 21:49 | risky_k's PC/GADGET

リチャード・モーガン著 『ブロークン・エンジェル』上巻読了

a0033530_22244243.jpg夜の通勤時間だけを使ってちびっとずつ読んでいる「ブロークン・エンジェル」ですが、昨日上巻を読み終わり、今日から下巻に突入しました。
通勤時間と言っても、朝の車内は混雑で読める状態ではないし、夜の帰りも時間帯によって読めるスペースがあったりなかったり、また電車が空いていても自分が読める状態でなかったり(=アルコールの影響により読書不能)・・・。 従い、かなりゆっくりしたペースで読書しているわけでして、上巻を読み終えるのに10日ほど掛かりました。

それに、前作の「オルタード・カーボン」もそうでしたが、先がどうなるか知りたくて、前のめりに読みたいという思いより、ゆったり27世紀の世界観に浸ると言うんでしょうか、面白くないというのではなくて、自分にとってはそういう味わいの小説なんですね。

「オルタード・・」では冒頭のアクションから始まり、かなりバイオレンス色が強く、主人公のタケシ・コヴァッチが全編通じてハードボイルドしてましたが、本書でのコヴァッチは、少なくても上巻までは非常に慎重且つ大人しく(?)目的のために行動しているという印象。 カッタるいとも言えますが、スローな展開故に繊細に構築された世界をじっくりと楽しめてはいます。

でも下巻に入ってすぐに、進化した有機体兵器ナノ・ウエアの攻撃を受け、同僚がスタックまで失うRD(リアル・デス)というショッキングな展開に・・・。

27世紀は意識はメモリー・スタックに記録され、肉体はスリーブと呼ばれ補強、交換可能な世界で、肉体的な死は「真の死」に非ずスタックの破壊が本当の死=RD(リアル・デス)となる。
これまで主人公は何度も死んでおり、本書では「オルタード・・」の時とは違うスリーブを纏っているという設定。 加えて、今回のミッションが成功した暁には、新しいスリーブがもらえるというのが、行動を共にするメンバーへの報酬の一つになっています。

さあ、下巻に入ってこれからいよいよサイバー・パンクの本領発揮となるか!
期待してます。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-15 22:33 | risky_k's BOOK

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE