カテゴリ:risky_k's MONOLOGUE( 79 )

 

酷暑のスキーショップ巡り

a0033530_20592154.jpg残暑がまだまだ厳しい週末、神田・駿河台界隈にスキーを見に行って来ました。。
普段はアキバ巡回のついでに、歩いて小川町交差点から回ることがあるのですが、今回の主目的はあくまで2010-2011年新モデルのスキー!

夏が終わればスキーシーズンはもう直ぐっ! 人気モデルはシーズン前に売れちゃうことがあるし・・・。 この時期に早々とニュースキーを見て回るのもオツな趣向かなぁ~、と思ったものの、ジリジリと太陽が照りつける下で、エアコンのない狭いスキーショップを巡回する、という行為は大変な暴挙でありました(笑)

今月中に買って頂ければ、チューンアップ無料サービス付きです~って言われても、8月は残すところ2日しかないじゃないですか。 それよりも、吹き出す汗で店員さんの話も頭に入らず・・・。 でもシーズンが始まるまで板は預かって置きます、というのは魅力的なオファーだったかも知れません。

もう少し、もう少~し、涼しくなってからもう一度考えてみます。
しかしこんな気候で、ホントに冬に雪が降るんだろうか・・・
[PR]

  by risky_k | 2010-08-30 21:00 | risky_k's MONOLOGUE

IDケース&ストラップ

a0033530_1921836.jpg今や多くの会社で、オフィスビルへの出入りにIDカードを使っているので、首からストラップをぶら下げている人が増えましたね。

これまでは会社から支給されたものや、あちこちの展示会に参加した時にもらったIDカードフォルダとストラップを使い回していましたが、今日、自分で革素材の製品を購入しました。
IDケースとストラップは別売りですが、同じ素材とデザインになっていて黒に白いスティッチが入っています。 ストラップにはリールが付き。

毎日、長い時間ずっと身に付けるモノだから、明らかに事務用品的なプラスチックやビニール素材よりはいいですよね~♪
[PR]

  by risky_k | 2010-08-01 19:03 | risky_k's MONOLOGUE

7年目の7月7日

7月7日というと、それだけで何となく特別な日のようなイメージですね。
1年前、2年前の今頃は何をしていたのかと、Blogの過去の投稿をチェックしてみたり・・・。
そこで気が付いたのですが、ここエキサイトブログに開設したのが2004年の7月4日。
と言うことは丸6年を経過して、7年目に突入!! そんなになるんですね~

よくも細々と続いているというのか、途中何度も数ヶ月ほったらかしにして、また何度も復帰しての繰り返しなので、「続いている」という表現自体が正しいのかも怪しいですが・・(^^ゞ

最近はこっちの本家Webサイトも、こっちのSNSも、少~しずつですが更新中です。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-07 22:53 | risky_k's MONOLOGUE

サムソナイトの修理

a0033530_2126286.jpg仕事柄、何種類かのキャリーバッグを所有してますが、いくつもあると家の中で置き場所に困るのも事実だったりします。 出張期間に合わせて最近は、3種類を使い分けているのですが、そのうち一番小さなサムソナイトのキャスターが割れてしまいました。 それも前回使ってみたら妙に転がりが悪いし、ガタガタ音がして初めて気が付いたので、いつどこで破損したのかは判らないのです。

このキャリーバッグ、7年程前に買ったのですが、小さいとは言え実は購入価格が3つの中では一番高く、4万円以上したと記憶しています。キャスター以外は痛んでいないので、交換修理をしてもらうことにしました。
「サムソナイトの修理」でネット検索したところ、2004年までのサムソナイトはエース株式会社製であることが判り、エースのサービスセンターにTELで問い合わせした上で、6月20日に宅配便で送って修理を依頼しました。

サービスセンターからは到着後すぐにTELがあり、修理完了後にもTELがあって、約10日程で修理費着払いの宅配便で戻ってきました。 エースのサービスセンターの人はとても丁寧な対応で、それだけでエースに対するイメージも一気にアップ!
一人のスタッフの対応だけで、会社の印象が大きく変わってしまうものですね~。

因みに両輪とも交換されたキャスターは、オリジナルのものより少し直径が大きくなったような気がします。
[PR]

  by risky_k | 2010-06-30 21:28 | risky_k's MONOLOGUE

『VF-1バルキリー ミンメイ2009スペシャル』

a0033530_1992051.jpgAmazonからカートンが到着。最近マイナーなCDやDVDを結構Amazonで買ってますが、何を注文したんだっけなぁ~、CDにしちゃカートン大きいし・・・と思いながら開けてみたら、ハセガワの1/72プラモ『VF-1バルキリー ミンメイ2009スペシャル』でした!
12月、発売前だったけど予約を入れておいたのでしたが、リリースされたんですね。実は注文していたのを、忘れかけてました~(笑) 美樹本晴彦氏の描き起こしによるリン・ミンメイのイラストデカールがこのセットの売りですが・・・。
『VF-25Gミシェル機』に『VF-25Sオズマ機』とまだ組立てしていないプラモがあるのに、更にまた一つ増えました...。
[PR]

  by risky_k | 2010-01-17 19:10 | risky_k's MONOLOGUE

銀杏並木

a0033530_6194764.jpg都心の銀杏も黄色に色付いて見頃を迎えています。 普段静かな周辺も毎年この時期だけは、どこからか人が集まってきますが、平日なのにスゴイ人出! みんな写真を撮りまくっていたので、この週末はWEB上にも銀杏並木の画像が沢山アップされるんでしょう。
でも、ホントの見頃は、たぶん数日後になりそう・・・。
[PR]

  by risky_k | 2009-11-28 06:21 | risky_k's MONOLOGUE

AJIOKA 『GANZO』

a0033530_23243183.jpg久し振りに気に入りそうなお財布を見つけたので、エイッと購入! 「気に入った」でなく「気に入りそう」としたのは、見た目ではなく、実際身に付けて毎日使ってみないと評価出来ないアイテムだから。皮革専門メーカーの老舗「Ajioka」のオリジナルブランド『GANZO』シリーズのとってもシンプルな札入れ。カードは1~2枚しか収納出来ませんが、小さくて薄いおサイフを探していたので、ミニマムなデザインが秀逸です。収納性と携帯性という相反する機能に、敢えて折り合いを付けないという潔い良さを感じます。
[PR]

  by risky_k | 2009-08-05 23:22 | risky_k's MONOLOGUE

続バスルームの怪(ではない?)

a0033530_5253764.jpg一日毎にホテルを移動してますが、今日のホテルのバスルームの例のものはこれ! 四角いハンドルで、私にしてはまたもや見慣れない形状。でも構造は単純でした。ハンドルを右に回すとオープンで右に回すほど温度アップ、しかし吐水調整機能はなし。バスタブとシャワーの切り替えはカランのつまみの上げ下げという伝統的(?)構造。でも右一杯にハンドルを回しても、ぬるいお湯しか出ない...
明日帰国することになったので、ホテルのバスルーム情報はひとまず今回でおしまい。
[PR]

  by risky_k | 2009-07-22 05:26 | risky_k's MONOLOGUE

バスルームの謎(ではない?)

a0033530_11503796.jpgこんなのは見たことがない、と一昨日のアップで書いてしまいましたが、今日移動してきたホテルのバスルームで全く同じものを発見してしまいました! もしかしてこの地域ではこれが標準仕様なのかもと、自分の無知を知らされた思いです。またホテルを移動するので、明日のバスルームレポートを乞うご期待!
[PR]

  by risky_k | 2009-07-21 11:51 | risky_k's MONOLOGUE

バスルームの謎

a0033530_14364313.jpg世の中は三連休の真っ最中ですが、こちらは只今、海外出張中。またもや連休をミスってます。
ということで現在ホテルを転々としてますが、今泊っているホテルのバスルームのあれ、何て言うのかな、お湯を出したりお湯の温度を調整したりするやつ。これが全く見たこともない構造で悪戦苦闘! 写真見て判りますか? 真ん中に回転するハンドルがあって、下に左右に動かせる小さなノブが付いてます。ハンドルを右に回すと水が出てきたので、水量調整かと思いきや、これは水を出すスイッチ+水温調整装置。右に回すほど温度が上昇。問題は下方のノブですが、これは水量調整+バスタブとシャワーの切り替え機能でした。ノブを左に回すとバスタブにお湯が出て、更に左へ回すと水量アップ。真下位置から逆側の右に回すとシャワーに切り替わり、更に右へ動かすとシャワーの水量アップという仕組み。しばらくこの構造が全く理解出来ず、あちこち動かしてはいきなり熱湯が出たり、頭上から急にシャワーの水を被ったり(笑)。うん十年も出張や旅行であちこち海外のホテルに泊まってますが、このタイプだけは初対面でした。
[PR]

  by risky_k | 2009-07-19 14:35 | risky_k's MONOLOGUE

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE