カテゴリ:risky_k's MOVIE/TV( 77 )

 

アニメ 『Steins;Gate』 #14 「形而下のネクローシス」

a0033530_06922.jpgどこに逃げても、何をやっても、避けられないまゆりの死。
銃殺、交通事故死、病死、と原因は違っても必ず訪れる悲劇への収束。 何度も何度も目の前で繰り返されるまゆりの死に立ち会う岡部の精神状態は、ギリギリの状態だったでしょう。
そして、彼女の運命を暗示するように必ず動きを止めてしまう懐中時計は、岡部の絶望感を表現するメタファーとして効果的でした。

原作ゲームではタイムリープ場面を何度も意図的にリピートすることで、プレーヤーを岡部の精神状態とシンクロさせる手法を取っていますが、アニメでは単なる繰り返しを避けて、限られた尺の中で無限ループを見事に描ききっていたと思います。

そんなオカリンに文字通り手を差し伸べた助手ですが、UDXビルの連絡通路で仁王立ちする助手が印象的だった原作に対して、鳳凰院ポーズを決める助手とは! アニメスタッフ、Good Job! 助手のデレが尋常でない破壊力でした。 岡部を再度タイムリープさせる前に、初めて紅莉栖と呼んでくれたことを含め、なかったことになってしまうことを寂しがる助手。 かわいい~
でも、この切なさがある意味でこの物語のテーマであり、そして最大の魅力でもあるんですよね。

14話は助手に全部もっていかれちゃいましたが、バイト戦士、鈴羽がいいですね~。
基本的にラボでの会話が中心となるストーリーですが、鈴羽シーンは絵がどんどん動くので実にアニメ向きのキャラです。 今回も、世界線の補足説明をラジ館への侵入作戦でロープを小道具にしたり、そして遂に鈴羽が未来からのタイムトラベラーであり、ネット上のジョン・タイターであったことも明かされました。

今回は、ラジ館周辺の詳細描写や、助手の紅生姜山盛り牛丼とか、小さなカットにも細やかな作り込みがとても良く出来ているように感じました。

孤独だった岡部の戦いに助手とバイト戦士という仲間が加わって、ダイバージェンス1%の壁を越えたβ世界線に向けて、希望の光が射してきたようです。

次回が楽しみです。
[PR]

  by risky_k | 2011-07-08 00:08 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #13 「形而上のネクローシス」

a0033530_021362.jpg萌郁のラボ襲撃とまゆりへの発砲で終わった12話を受け、13話はバイト戦士の突入、助手のタイムリープマシン起動、岡部の「跳べよぉぉぉぉぉぉー」までがアバンタイトル。 原作プレイ済組の多くは、前回ここまで入れてEDかとの予想(期待?)が多かったので、勝手に肩透かしを食った感もありましたが、これをアバンにもってきました。 
これはこれで正解じゃないですか!

やっぱりバイト戦士は只者ではなかったですね。 彼の地から来た本当の戦士?
鈴羽のヒントを受けてタイムリープマシンを起動しようとする助手。 タイムリープしようとする岡部に対して、銃弾が飛び交う中、彼を気遣いマシン起動を躊躇する助手、かわゆい~。

OP後の画面は一転して幼いまゆりの墓参りシーン。 良い流れですね~。 ここで初めて岡部が何故、マッドサイエンティストを演じ続けるのか、まゆりが何故、自分のことを「オカリンの人質」と言うのかが明らかになりました。
これまでずっと謎(?)まま、よくここまで引っ張ってきたと思いますが、第13話のこのシーンにエピソードを織り込むことで、まゆりの死が岡部にとって如何にショッキングな出来事かということを最も強く印象付ける効果を生んでいます。

タイムリープが成功。
でも、撃たれた助手やバイト戦士の主観では、あの後どうなったのでしょうか?
SERNに全員が連行され、電話レンジ(仮)も回収されてしまったんでしょう。飽くまで岡部視点でアニメは進行しているので、そんな疑問を持ってしまいます。

未来の記憶を上書きした岡部は、まゆりを探し出しラボから遠くへ逃げようと彼女の手を引く。 まゆりを必死に守ろうと逃走する岡部ですが、その理由を彼女に話す訳にはいかず、しかし彼の手の感触からただならぬものを直感して、何も聞かずに彼に従う、それだけでなく彼の力になれなくてごめんねと謝るまゆしぃ・・・二人の交錯する思いが、何度かアップで見せる繋ぎ合わされた二人の手で表現されています。 
それにも拘らず、何度も繰り返されるまゆりの死・・・。

この世界は、まゆりの死を望む世界線。 8月13日にまゆりが死亡することに収束してしまう世界線から、岡部は彼女を救い出すことが出来るのか?
まさしくOPテーマどおり「時間のループへと飲み込まれてゆく」ことになった「観測者」岡部の孤独な戦いが今始まりました。

でもきっといつか、助手が手を差し伸べてくれるはず。
岡部が未来からタイムリープしてきたことを、いち早く感づいた天才少女ですから。
そして戦士の実力を発揮した鈴羽も、これからのストーリーに深く係わってきそうです。

次回がまた楽しみです。
[PR]

  by risky_k | 2011-07-01 00:23 | risky_k's MOVIE/TV

『STEINS;GATE』 Blu-ray Vol.1

a0033530_20545668.jpgTVアニメ『Stteins:Gate』のBlu-ray/DVDのVol.1がリリースされました。
どうせ最終的には買うことに収束する世界線と判っていたので(?)、ショップ特典も考慮して早々とBlu-rayを全9巻をまとめて予約済みでしたが、発売日の6月22日に届いたVol.1を漸く今日じっくりと観ました。
チバテレを録画した後で何度か見直しているのですが、Blu-rayはやっぱりいいですね~。

さて、1話と2話が収録されたVol.1ですが、初回限定版には特典としてランダムカットされた本編の生フィルム「時を超えた郷愁への記憶~ノルタルジア・フィルム」が同梱されています。
実際のアニメ制作にはフィルムは使われていないので、特典用にフィルムを焼いたものでしょうが、封入されていたシーンは・・・携帯を握る岡部の横顔!
オカリン、キタ(゚∀゚)ッ!!
おっ、これはっ、と一目見て判りましたが、本編のBlu-rayをコマ送りして確かめたところ、思ったとおり第1話の冒頭で岡部がまゆりとラジ館に入る直前に、

「これより会場に潜入する。エル、プサイ、コングルゥ・・・」

と言って携帯をしまう場面でした。 大当たり!
[PR]

  by risky_k | 2011-06-28 20:56 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #12 「静止限界のドグマ」

a0033530_135021.jpg第12話を今朝見ました。
これまで、原作の1章分をアニメでは2話で消化してきたので、自分を含め大方の原作プレイ済み組は今回、第5章の終わりまでキッチリと収めてくれるものと勝手に思い込んでいた節があります。 しかしその一方的な予想と期待を見事に裏切ったエンディングでした。
ネット上ではこの引きの場面について賛否両論が飛び交っているようで、見るまで不安だったのですが、実際に視聴してみると意外にも違和感はありませんでした。

アニメをアニメとして予断を入れずに見れば、素直に受け取れる引きになっているし、2クールの枠内で各話をどう切るか、制作側は最終話までの構成をしっかり設計しているはずですので、一喜一憂せずにアニメを楽しむのがベストですね。

と言いながらやはり比較してしまうのですが、原作ではラボ内での会話だった岡部とまゆりのシーンを屋上に移し、未来ガジェット6号のサイリウムセーバーを小道具に使ったアニメオリジナルはGood Jobでした。
一方、原作にはなかった止まった砂時計とまゆりのカイちゅう~が何を意図するのか、アニメオリジナルの伏線なのか・・・。 この新しい謎はあたかも原作厨への挑戦状のようです。(まゆりの運命が収束条件であるということを、止まった時間で象徴的に表現した、というのが私の解釈ですが)

ストーリーは萌郁のラボ襲撃とまゆりへの発砲という非日常世界に急展開し始めましたが、第5章のエンディングを意図的に持ち越したアニメスタッフは、次回のアバンを如何に使って如何に演出してくれるのか、益々楽しみになってきました。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-24 01:06 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #12「静止限界のドグマ」 今夜放送!

a0033530_2333519.jpgまたシュタゲの話題です。 しかーし、書かずにはいられません!
TVアニメ『Steins;Gate』は、いよいよ、いよいよ今夜、ターニングポイントの12話がテレ玉での最速放送です! 原作第5章までが言わば序章と伏線配置の過程であり、これからが本編ですから(キリッ
動きの少ない原作ノベルゲームにおいて、シナリオ中で一番のアクションシーンであり、またストーリーの新展開となる折り返し点を、アニメではどのように演出してくれるのか。 もう期待と不安が最高潮に達しています。 それが今夜、遂に明らかになります。
アニメスタッフに期待しましょう。

と言いながら、実際に見れるのは一日遅れのチバテレなので、まずはネット上でレビューをチェックするしかないのがもどかしいですが・・・。

既に6/16にXbox360によるスピンアウト・ファンディスク「比翼恋理のダーリン」(購入済みプレイ中!)と、原作とを同梱した「Steins;Gateダブルパック」が同日発売になっていますが、第12話の放送直後の6/22から一気に以下の関連書品が怒涛のリリースを迎えます。 

6/22 アニメ第1巻Blu-ray/DVD発売
6/22 PSP版OPテーマ/比翼恋理のだーりんEDテーマ(byいとうかなこ)発売
6/22 PSP版EDテーマ/比翼恋理のだーりんEDテーマ(byファンタズム)発売
6/23 PSP版「Steins;Gate」発売

アニメ放送開始の段階から、関連商品の発売日と12話の放送日をピッタリ合わせているということは、予めこの回がクライマックスであることを宣言しているようなもの。
期待するなと言う方が無理ですよね~。

このメディアミックス戦略は既に成功を収めていると言えますが、12話の出来と視聴者の反応次第では更に拍車が掛かる事は必至。 其の中でも注目はPSP版の「Steins;Gate」がどれだけ売れるかでしょうね~。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-21 23:35 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #11 「時空境界のドグマ」

a0033530_2258128.jpg第11話は何となく重苦しさが漂う雰囲気で、ジワジワと迫り来る不安をかきたてるような展開でした。
岡部の周辺に不穏な空気が立ち込める中、それを他のメンバーには気付かせまいとする心配りが丁寧に表現されていました。 その一方で、彼の様子に只ならぬものを感じて心配するまゆりって、ぽけ~っとしているようで、実はいつも周囲の人のことを良く見ているんですよね、もちろんオカリンのことが一番ですが。 
ラボに異変が起こったのではないかと、買い物を中止して急遽ダッシュで引き返すオカリンの形相に唖然! おかげで全編を通じて唯一無二と言っても過言でない、助手とまゆしぃのサービスカットもあっという間に終わっていたというか・・・それ程、あれは気合の入った作画でした。

さて、アニメシリーズが始まった当初から、というよりアニメ化が2クール放送と決まった時点から、物語のターニングポイントである問題のシーンは12話あたりだろうと騒がれていましたが、予想どおりになりそうです。 いよいよ次回が2クール折り返し地点の第12話、タイトルは「静止限界のドグマ」! 遂に来るのか~? 来てしまうのか~?

これまでのほのぼのとしたサークル活動的な日常から、一気にシリアス展開に移行する前の重要な橋渡し役を果した11話でした。 
[PR]

  by risky_k | 2011-06-16 22:59 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #10 「相生のホメオスタシス」

a0033530_0535831.jpgアキバの町並み改変という強い引きで終わった前回の9話で、1通のDメールが引き起こすリスクの大きさを痛感することになる岡部でしたが、10話は久々にバイト戦士が登場し、彼女がアキバに来た目的が父親の捜索であることが明かされました。
9話のようにストーリーが大きく動く回が勿論インパクトはありますが、ラボメン同士の掛け合いが賑やかに展開される今回も丁寧に作られていました。
ラボでのサークル的なノリをうまく表現しておきながらも、今後の展開に必要な伏線はしっかり配置しつつ、そして雨が降り出した夜に人工衛星が消滅していたのをサラッと見せたり・・・。

今回だけを見ると、何と言うことのないラボメンたちの和やかな宴会シーンにしか見えませんが、この日常こそが掛け買いのない思い出として後々重要な役割を果たすので、第9話のほのぼの感は、それ自体が必須な伏線と言えるでしょう。
バイト戦士を引き止めるDメールが成功したことを、翌日になって記憶のない岡部が自分の携帯動画で見るというアニメオリジナルのアイデアは秀逸でした。

自分的には原作で印象的だった、まゆしぃの両手包丁トントントーンのカットもしっかりと入れてくれてたので大満足! 原作プレイ済み層へのツボを押させた配慮が嬉しいです。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-10 00:55 | risky_k's MOVIE/TV

『APPLE SEED XIII』 第1話 「楽園の終わり」

a0033530_2148149.jpgティザーサイトは立ち上がっていたので期待はしていたものの、アレコレありましたし、もしかしたら、いやたぶん延期か中止に追い込まれるのではと勝手に思い込んでいた『APPLE SEED XIII』(アップルシード・サーティーン)のネット配信がスタートしました、というか既にスタートしていました。
全13話となるシリーズの1話目のみ無料配信ということで、その第1話をニコ動で観ましたので感想を・・・と書きたいところですが、正直言わせて頂きます。
こんなクオリティの作品で2話から金取るんかいっ! という一言に尽きますね~。

もちろん第1話だけの印象ですが、回想シーンがごちゃごちゃ入って混乱しているし、ギリシャ神話をモチーフにしたと思しきカットやバンクシーンの多用とか、前作を見ているのでストーリー背景は判っているものの、違和感だらけでちっとも頭がアニメに入っていきません。 何と言っても最大の違和感はCGのクオリティ! よっぽど予算がないのか、時間がなかったのか、デュナンの作画がトンでもない顔になってしまってるし、主人公にしてこのレベルなので、ヤラレ役のキャラなどの造形には思わず大爆笑でした! ネット配信とは言え、商業アニメとしてこんなものを流していいのだろうか、と余計なお世話の心配もしたくなりますが、逆説的な意味では絶対に一見の価値のある作品とも言えます。

一晩明けても未だに強烈な精神攻撃によるダメージが残っていますので、くれぐれも視聴の際はご注意下さい。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-08 21:49 | risky_k's MOVIE/TV

TVアニメ 「Steins;Gate」 EDテーマ 『刻司ル十二の盟約』

a0033530_21182098.jpg既に購入済みのOPに続いて、5月25日にリリースされたファンタズムによるEDテーマ『刻司ル十二の盟約』の初回限定版を購入しました。Music ClipのDVD付です!
第9話ではエンディングで過去改変によって変貌したアキバを映し出すシーンにクレジットが流れて、EDがカブるという初めての演出がとても効果的でしたが、それによってこのテーマ曲の好感度が一気にアップしたの私だけではないはず。

OPもEDも、最初に聞いたときはなんだか今イチという印象でしたが、両方共になかなかのスルメ曲です。
このEDにカップリングされている『麗しきセデューヌ』も、アニメ本編中に使って欲しいと思えるくらい、タイトル曲に劣らずスピード感があってファンタズムらしいキャッチーな作品です。

画像はCDの裏ジャケット。表ジャケットはビル屋上に佇むまゆしぃですが、内側には助手とのツーショットという嬉しいイラストになってます。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-07 21:18 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #09 「幻相のホメオスタシス」

a0033530_0303391.jpg巷で絶賛の嵐の神回、第9話が見れましたっー! しっかり2回!

前回8話のインプレでは、フェイリスの出番が少ないとグチったのですが、満を持してのフェイリス回でしたし作画も魅力的でした。 それから、まゆしぃとルカ子のセーラー服という原作になかった<完成度の高さ>? そして、ストーリー展開もギアアップするなか、ラボメンたちの掛け合いも絶好調だし、岡部の独白も加えて補足説明も適度だし、第9話の完成度はやはりただものではなかったです! それからそれから、助手の作画も良くなってない? それとも、こっちが見慣れただけ?

Dメールによる過去改変のリスクを岡部がじわじわと感じ始め、取り返しのつかないことをしてしまったのではないか、と思ったところで、アキバから萌文化消滅! 秋葉原の町そのものが一瞬にして変貌していたことに気付く、というこのシーンの見せ方と最後の引きの巧さが光っていました。
今回もアキバのあちこちの実風景を切り取って描いていましたし、実際にロケハンも綿密に実行したようですので、毎週のように巡回している自分としては見慣れたシーンがあちこち登場して引き込まれます。
うん十年前からアキバに通っている身としては、世界の電気街としての秋葉原が懐かしく、EDの扇風機が回るシーンでは、何故かうるっときました。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-03 00:33 | risky_k's MOVIE/TV

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE