カテゴリ:risky_k's MOVIE/TV( 77 )

 

映画「陽だまりの彼女」感想

a0033530_23522446.jpg映画「陽だまりの彼女」を観てきました。

原作の小説は未読ですので、飽くまで映画の感想になります。
ストーリーは男女の主人公、奥田浩介と渡来真緒の二人の出会いと別離、再会を縦軸に、真緒の出生の秘密にまつわる謎を横軸に展開するラブストーリーです。

問題の「秘密」の部分については幾つもヒントが提示されるため、早いか遅いかの違いがあっても誰でも推測される内容なので、どんでん返し的な展開ではなく、やっぱりそうだったのか~という落とし方。
ファンタジー映画として楽しみたい自分としては、最後まで暗示的にほのめかす程度に描いて欲しかったという希望はありますが。

何と言っても、全編を通して真緒のほんわかした天然キャラクターをとてつもなく魅力的に上野樹里が演じていて(中学生時代の葵わかなも良いです!)、真緒を見ているだけで大満足!(笑)

一方でそれと対照的に、奥田浩介の設定との違和感が引き立ってしまっています。
(それって、自分が男だからかなあ?)
彼は広告代理店に勤めるモテない冴えない鉄道オタク&ゲーマーという設定のようですが、ゲーマーにも鉄オタにも見えません。演出上も最初から諦めてしまっているというか、辛うじて江ノ電車内でVVVFインバーターの音が好きという件がありますが、とってつけたようなセリフ回しが痛いだけ。
また回想シーンに出てくる学生時代、同級生のイジメにあう真緒を浩介が助けることで、浩介が孤立するのですが、どう見ても外見は学園の人気者に見えてしまうこと。

これらは浩介を演じる松本潤と北村匠海(中学生時代)の二人には罪はなく、完全にキャスティング上の問題。
中学で孤立した浩介が逃げるように転校してしまい、二人の別離の原因になるというエピソードが挿入されているのですが、ひとりになってしまう真緒にとって厳しい試練だったにも拘らず、重要なポイントなのに全く説得力がありません。(彼女がどれほど彼のことを慕っていたか、彼女の出生と関係があるので尚更です!)


この映画の一番のポイントは、再会を果たしたにも拘らず、再度の別れと共に彼女を失うだけでなく、彼女との記憶、更には彼女の存在そのものが失われてしまうということへの悲しみ、恐れ、消失感だと思います。
悲しみを記憶に留めておくことと、忘れてしまうこと、どちらが辛いのでしょう・・・。

映画は最後に、真緒の記憶を無くした浩介に輪廻と新たな出会いを示唆してエンディングとなります。出会い、別れ、忘却、そしてまた出会い、の輪廻。

観客の大多数を占める女子中生、女子高生はあちこちで号泣していましたが、男性視点で観ると、感情移入がし難いなぁ~~。
どうしたって松潤には負けるもんな~。
その替わり、同世代としては真緒の父親にぐっとキタ!(笑)
[PR]

  by risky_k | 2013-10-28 23:55 | risky_k's MOVIE/TV

「パシフィック・リム」 やっと観ました!

a0033530_7373769.jpg観よう観よう、いや観なければっ!
と思いつつも、上映館も少なくなってしまい、映画館で観るにはたぶん最後の週末ということで、遂に観ることが出来ました。

「パシフィック・リム」
正に期待どおりの映画でした!
世界を救うためのロボが、ただやたらに長厚重大のアナログ仕様で、攻撃方法も殴り合い、投げ合い、最新兵器がロケットパ~ンチ!という、ハチャメチャなメカです~(笑)

この種の世界危機との戦いの映画となると、なんでかアメリカ政府が当然の如く世界代表としてフロントラインに立っているという設定が多い中、政府の後ろ盾を失った組織が、レジスタン的な最終戦を展開する、という設定も好感がもてました!

ツッコミどころが満載な「パシフィック・リム」ですが、巷の評判どおり、細けーことはいいんだよ!
[PR]

  by risky_k | 2013-09-16 07:39 | risky_k's MOVIE/TV

Steins;Gate劇場版 『負荷領域のデジャヴ』 観ました!

a0033530_23153937.jpg公開二日目の4月21日、新宿の角川シネマにて12:45の回で観てきました。
初日の20日に続いて、21日の日曜日も当日朝には全回上映分のチケットが完売となっていて、急遽21:30から追加上映するプログラムが発表されていました。

物品販売が混雑するだろうと、上映開始時間の45分前に到着。5階の物販コーナーで申し込み用紙に記入して、以下アイテムを即購入!

1.パンフレット
2.クリアファイル2枚セット
3.ストラップ
4.カラビナ
5.B2タペストリー

さて、遂に上映開始となった劇場版Steins;Gateですが、想定どおり紅莉栖視点によるオカリン救出のストーリー。
原作でオカリンが味わった苦悩を、立場を入れ替えて紅莉栖が背負うという設定になっていますが、ともかく紅莉栖のデレが尋常でないくらいのパワー!(笑)
まさに紅莉栖ファンのための、ファンディスクならぬ、ファンムービーという印象。
もちろん普通に楽しめました。

90分の尺からくる時間的制限があるので、無理な要望とは判っていつつも敢えて注文を付けるとすれば、紅莉栖によるオカリン救出の試行錯誤と、科学者として苦悩する展開をもっと見せて欲しかったな~。

席確保のために、オンラインチケットを買ったので、5枚セットの前売り券はそのまま手元に残ったまま。
どうしたものか・・・(笑)
[PR]

  by risky_k | 2013-04-25 23:17 | risky_k's MOVIE/TV

機動戦士ガンダムUC 「HGUC 1/144 NZ-666 KSHATRIYA」

a0033530_23415930.jpg買い溜め状態になって積み上がっていた何箱かのプラモの中から、ずっと前に購入したままになっていたガンプラ「HGUC 1/144 NZ-666 KSHATRIYA」を一気に作りました~。

Amazonの購入履歴で調べたら購入時期は2011年12月!
何と1年4か月も前でした~。

最新のBlu-ray「GUNDAM UC episode6」では、ジンネマンとマリーダのエピソードが見どころのひとつでしたし、そろそろクシャトリヤを作って、ディスプレイしておきたいと思ったので・・・(笑)

思った以上に組み立て易く、あっという間に出来ちゃいました。(こんなことなら、早く作るんだった)
4枚のバインダーが思った以上にド迫力で、雰囲気たっぷりです!

最終話となるepisode7はまだ1年先ですが、マリーダの乗るクシャトリヤの最後の活躍が今から楽しみです。
でも・・・マリーダさんについては原作どおりでなくても良いので、アイスクリームを食べさせてあげたいなぁ~
[PR]

  by risky_k | 2013-03-30 23:45 | risky_k's MOVIE/TV

『GUNDAM UNICORN episode 6』

a0033530_8253494.jpgやっと発売日になった「GUNDAM UNICORN episode 6」。
予約していたBlu-rayが昨日到着したので、じっくり観ました!
相変わらず高いクオリティーを維持しながら、今回はアクションよりも芝居で魅せつつ、確実に最終巻となるepisode 7への道筋を明確にするという狙いが、見事に表現されています。

ジンネマンとマリーダのエピソードには相変わらず泣かされますが、これまでヘタレキャラだったオットー艦長の台詞には、同世代を生きる「大人」としてグッとくるものがありました~(笑)。

本編を視聴し終わった後に見た、初回限定版の特典DVD「FILM&LIVE 2012」のライヴ映像が見ごたえ十分。それに加えて、同じDVDに収録されている「making of episode 6」では、いよいよ最終巻となるepisode 7に向けた製作側の意気込みが感じられます。

また1年間も待たされるのか~、と思っていたのですが、このメイキング映像を見てしまった後は、1年でも2年でも待つから、製作側で必要とされる時間を十分に掛けて作って欲しい、と思うようになってしまいました。
そのためのメイキング映像の特典収録だとしたら、完璧にワナに嵌ったことになるのかも・・・(笑)。
[PR]

  by risky_k | 2013-03-24 08:29 | risky_k's MOVIE/TV

憧れの彼女とシネマで再会・・・

a0033530_11443175.jpg懐かしい人と出会いました!・・・と言ってもTVで放映していた古いフランス映画での話です。
仕事先のホテルのTVチャンネルを何気なく切り替えたところ、TV5MONDEで流れていた映画にマルレーヌジョベールが映っていたのです! そして共演は、お~っ何とリノバンチュラ!

チャンネルガイドで調べたらタイトルは「DERNIER DOMICILE CONNU」。もちろん日本未公開映画(のはず)。

マルレーヌジョベールとのスクリーンでの出会いは、彼女の主演作である「雨の訪問者」(1970年)。今ではエヴァ・グリーンの母親ということで知られる程度だと思いますが、
あの頃は映画と言えばフランス映画という時代でした。

舌足らずで早口な喋り方や、仕草、身のこなし・・それら全てが懐かしくて懐かしくて、思わず魅入ってしまいました。。
「雨の訪問者」に出演した当時と違わない容姿と演技から、ほぼ近い時期に撮られた映画だと思ってググッてみたら1969年作品。ということは、直前だったのですね~。
彼女の出演リストによれば、この映画には「最後のアドレス」という邦題が付いているものの、やはり本邦未公開の作品。ブレイクしたのは、次作品でチャールズブロンソンと共演した「雨の訪問者」でしたから。

あれから40年を隔てて、今見ても、彼女の個性は光り輝いていました!
やっぱり好きな女優だなぁ~
[PR]

  by risky_k | 2012-11-01 11:45 | risky_k's MOVIE/TV

TVアニメ 『Steins;Gate』 BD連動購入特典

a0033530_208970.jpg訳あってブログ更新をほぼ2か月間もお休みしてしまいましたが、月も替わったので今日からまだ出直しします。

で、リスタートの最初は久々のシュタゲ関連から。
アニメ「Steins;Gate」のBD全巻購入特典となっていたブツが宅配便で到着しました! 
アニメ放映終了からだいぶ時が経っているし、途中で発送が遅れているとのハガキも着ましたが、忘れたころにやっと来たという感じ。

「小冊子」としか事前に告知されていませんでしたので、スピンアウトか後日談のショートストーリーでは?と勝手に想像していましたが、コンテンツはともかく予想よりもしっかりした作りです。タイトルは「THIS SIDE OF PARADISE~楽園のこちら側」。
huke氏による描き下ろしの表紙イラストだけで、なんとな~く満足。 
やっぱりシュタゲはhuke絵が一番良く似合う!
[PR]

  by risky_k | 2012-08-01 20:09 | risky_k's MOVIE/TV

映画 『けいおん!』

a0033530_2221551.jpg映画「けいおん!」観て参りましたぁ!

日本を飛び出して、遂に世界進出を果たした「HTT」! と言っても、卒業記念のロンドン旅行という設定でしたが、安心して素直に楽しめました~。

ロンドンの町並みもしっかり事前にロケハンしたのでしょうね、相変わらず精緻な背景描写が奇麗でした。
それから、5人の旅行中の私服ファッションも夫々個性が表現されていて素敵でした~。

英語が通じないで、どうやら毎晩ホテルの部屋の中でカップ麺やらを食べていたみたいですが、映画の中の英国人はゆっくり判りやすい英語でしゃべってくれてたんですけど・・・。

ストーリー的には梓にハイライトし過ぎじゃないかなぁ~と個人的には思いましたが、まあ確かにあずにゃんは一番人気だし、「HTT」で4人を繋ぐ天使だし、可愛いし、許しますっ!

でもでも、やっぱり「けいおん!」一番のお気に入りは結局のところ演奏シーンなので、今回は海外にありがちなちょっと怪しい回転寿司屋さん、ロンドンでの野外、そして教室での最後のゲリラライブ、どれも最高でした!

写真は、映画の後のお気に入りカフェ。
[PR]

  by risky_k | 2011-12-11 22:22 | risky_k's MOVIE/TV

アニメージュ12月号

a0033530_187257.jpg最新号の「アニメージュ」。 
付録に惑わされて、思わず買ってしまいました!

「けいおん!」のメンバー5人のキャラクターひとりひとりをフューチャーした
クリアファイルが全部まとめて5枚セットという太っ腹な付録です。 
買っておかないときっと後悔しそうだから・・・という動機の買い物が何故か最近また増加中で、危険な傾向・・・。

画像は澪バージョンですが、他のメンバーどれをとっても素晴らしデザインです~
[PR]

  by risky_k | 2011-11-13 18:08 | risky_k's MOVIE/TV

アニメ 『Steins;Gate』 #24(最終話) 「終わりと始まりのプロローグ」

a0033530_1726790.jpg確定した過去を変えずに、結果を変えろ!!

遂に物語の最大の山場であるオペレーション・スクルドが発動されました。

スタンガンで紅莉栖を気絶させ、その瞬間、作戦の成功を確信したオカリンが一瞬見せる安らかな表情! 見事な作画と演出です!
最初の自分を騙すための最後の仕上げ、後は血の海を作れば良い。 それが自らの手で腹部の傷口を広げ、大量出血させる自殺的行為だとしても・・・。 世界を騙し、紅莉栖を救えるのであれば・・・紅莉栖を失った苦悩に比べれば造作もない。 そんなオカリンの凄まじい覚悟が表現されていました。

ミッションを終えて消えていく鈴羽。 やはり物語を動かし続けたのは彼女でしたね~。

シュタインズゲートに到達し、前の世界線でラボメンだった仲間のひとりひとりにラボメンバッジを渡していくシーン。 ルカ子、フェイリス、萌郁、ダル、まゆり、そして7年後にこの世に現れる鈴羽へ・・・。
BGMは「Another Heaven」ですよ~。 ありがとう! そしてクレジットです。
このままENDINGと思わせておいて~
奇跡の再会! キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
やっぱりお約束のラジ館前ですか。

「これがシュタインズゲートの選択だよ」

最後のキメ台詞は原作より自然で良いです~♪

a0033530_17264287.jpgゲームを終えた時に味わったのは達成感と同時に喪失感でしたが、アニメでも・・・。 シュタインズゲートが神ゲーと言われた理由は、張り巡らされた伏線と複雑に交錯するストーリーの面白さと言われますが、それより何よりもラボメンを中心とする登場人物のキャラクターの魅力と、各自のもつ物語性にあると思っています。 そんなラボメンとも会えなくなると寂しいな~。

アニメ化が決まった当時、このゲームをプレイした人の大半からは期待よりも懸念する声の方が断然多かったように思います。 True Endへの一本道では岡部と仲間たちの苦悩を表現し切れないのではないか、hukeさんによるキャラクターデザインから成る独特の世界観が損なわれるのではないか、との予測によるものだったと思います。 何故なら私も正しくそのひとりでした。

しかし、そんな懸念は見事に払拭されました。 それどころか、省略すべきところは思い切ってカットしつつ、いくつもの名場面、名セリフはキッチリと押さえ、尚且つアニメ的な動きやオリジナル演出を加え、2クール24話話の中でアニメ「Steins;Gate」の世界観を見事に構築したのです!

最初の頃こそ原作との違いに違和感を感じていたものの、中盤からは純粋にアニメ「Steins;Gate」に熱中し、ストーリー展開は当然知ってはいながらも、世界線の収束と戦うオカリンの活躍に一喜一憂していました。

素晴らしい作品を制作してくれた、アニメスタッフに感謝を! そしてお疲れ様でした!

さて、これからPC版をもう一回最初からプレイし直そうかな、それとも積んである比翼恋理をやろうかな~。
[PR]

  by risky_k | 2011-09-19 17:27 | risky_k's MOVIE/TV

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE