カテゴリ:risky_k's MUSIC( 75 )

 

12月29日 陰陽座ライヴ

a0033530_16232023.jpg昨晩、行って来ましたー!! 陰陽座のライブ『龍凰輪舞』。 
バンド結成十周年記念ということもあるし、年末最後のライヴでもあるし、JCBホールは盛り上がりましたっ!
18時半開演で、3回のアンコール、そして鏡開きの儀式も加わって終ったのは22時半。四時間に及ぶ魂の輪舞でありました。
長時間になったのは、リーダーの瞬火さんのMCが長いというのも一因ながら(笑)、新旧取り混ぜた選曲で、あっと言う間にエンディングという感じでした。それにしても結成当初から自らを妖怪ヘビメタバンドと称して、10年間ブレずにコアコンピタンスを堅持し続けてきたメンバーの信念が最大の魅力でしょう。 それと、演奏はギンギンのヘビーメタルなのに、瞬火さんのトークになるとぐでぐでというギャップが楽しい。

メンバーの皆さん、楽しいライヴをありがとうございました。そして10年間お疲れ様でした。2010年も素晴らしい魂のライヴを宜しくお願いします!
[PR]

  by risky_k | 2009-12-30 16:24 | risky_k's MUSIC

陰陽座 『龍凰輪舞』

a0033530_147288.jpg仕事納めが待ち遠しいというより、その翌日のライヴ納めが待ち遠しい・・。
12月29日の陰陽座「結成十周年記念公演」に行きまーす!
チケット発売の当日にゲットしましたが、席は3階バルコニー。JCBホールのレイアウトをみると結構高い位置のようなんで、見えるのかな~?
記念公演ということもあるし、年末だしDVDを撮る(?)らしいです。 名古屋に次いで、今日、大阪でやってるんですよね。どうだったのか気になります・・。
最終日の後楽園。熱く激しく、そして怪しいライブを期待してまっす!
[PR]

  by risky_k | 2009-12-19 01:49 | risky_k's MUSIC

PUSHIM『My Endless Love』

a0033530_9243686.jpgクィーン・オブ・ジャパニーズ・レゲエこと「PUSHIM」の待ち待っていたニューシングル『My Endless Love』が遂に今日リリースされました! 23日に入った深夜0時過ぎに、moraからの配信開始を待って早速ダウンロード。それ以来、昨夜からヘビーローテで聞いてます(笑
パワフルでクールでスリリング!

『My Endless Love』
2009年9月23日発売
1. My Endless Love
2. My Endless Love (Chillin’ In The Shade Mix)
3. Dancehall Dynasty feat.RUDEBWOY FACE
4. My Endless Love (Instrumental)

PUSHIM Official Web Site: http://www.pushim.com/
[PR]

  by risky_k | 2009-09-23 09:26 | risky_k's MUSIC

『放課後ティータイム』

a0033530_982095.jpgやっと買いました!
発売日に地元のCDショップにはどこにも見当たらず、まあ予想どおりではありましたが、出遅れてしまいました。アニメ『けいおん!』の軽音部バンド『放課後ティータイム』が劇中で演奏した作品4曲をStudioMixとLiveMixで完全収録した2枚組CDです。 澪がリードをとってるLiveMixの「ふでペン~ボールペン」もいいですが、マイベストは同じくLiveMix版の「わたしの恋はホッチキス」。アニメと同じように、唯のMCから始まって澪が頭のパートを歌っています。放送終了してしまいましたが、『けいおん!』を見てた人には判りますよね。
[PR]

  by risky_k | 2009-08-01 09:09 | risky_k's MUSIC

菊地弘子 『青いくれよん』

a0033530_19334338.jpg「私の横で眠るあたなは、たぶんほんとうのあなたじゃない...」という歌詞で始まる曲名は『青いくれよん』。ヤマハのポプコンから輩出された多くのミュージシャンの一人だった菊地弘子さんの作品。覚えていた詞はこの出だしのフレーズだけでしたが、『青いくれよん』という印象的なタイトルと澄んだ声、今でも忘れられません。と同時に、その後の歌詞はどうだったのか気になっていましたが、うん十年ぶりにこの曲と再会しました。ポプコン出身アーティストのデビューシングルを集めた2枚組CD「POPCONシングルコレクション70's」に収められていました。アキバの石丸電気SOFT2でゲット。名曲です!

『青いくれよん』
作詞:作曲:菊地弘子

私の横で眠るあたなは
たぶんほんというのあなじたじゃない
私がほほえんでみせたら
やさしく抱いてほしいのに
遠くきこえる想い出を
一枚の紙に書きうずめ
ああ青いくれよんもって
全てぬりつぶしたい
風を見送るように
あなたを見つめてるだけ
どんな悲しいことがあっても
たぶん時がつれ去ってくれる

憧れだった毎日を
永遠の愛と信じてた
ああ青いくれよんもって
全てぬりつぶしたい
風を見送るように
あなたを見つめてるだけ
どんな悲しいことがあっても
たぶん時がつれ去ってくれる
[PR]

  by risky_k | 2009-05-05 19:35 | risky_k's MUSIC

S&Rふたりのウタヒメ

a0033530_020192.jpg今日は久々に中野まで遠征。といっても中野ブロードウェイではなくて、「なかのZERO」大ホールで行われた門倉有希&チェウニのジョイントライブ、『S&Rふたりのウタヒメ』。タイトルに付いているS&RはSoulful&Rhythmicだというのが、現場のパンフで初めて判明。昼の15時スタートということもあって予想はしてましたが、大半はアラカン世代あるいはオバカン(オーバー・カンレキ)の方々ばかり。二人のライブは初めてでしたが、予測を遥かに超えた年齢層。というか、これはもしかしたらスペシャルゲストの杉本眞人の影響かも。それに比べれば私はかなりの若輩者で流石にちょっと違和感あり。ま、ともかくTVの歌謡ショー的な進行で、ゆったりした2時間でした。チェウニの天然トークは特筆もの!
帰りはもちろんブロードウェイを散策。
[PR]

  by risky_k | 2009-04-06 00:20 | risky_k's MUSIC

北原愛子 『その笑顔よ 永遠に』

a0033530_1625075.jpg北原愛子の17thシングルが早くもリリース! 11月5日発売の『その笑顔よ 永遠に』を4日遅れで今日購入しました。念のため一応(?)巡回した地元のCDショップにはやっぱりニューリリースのポップもなければ何もなし、北原愛子コーナーには前作『AMORE~』が1枚あるだけでした。(一応、TOWER RECORDなんですが..)ということで今回も調達先はアキバです、石丸さんです。もちろん特設コーナーあり、で先着特典のポスターもしっかり頂きました。さすがアキバです。そうしたら何と、11月16日にトーク&握手会イベントの案内が...DVDと合わせて買えば今でも間に合いそう...。でも16日はほぼ間違いなく日本にはいなそうなのでギブアップです。(写真のCDの左がイベント整理券)
さて、今回のニューリリース『その笑顔よ 永遠に』(またしてもタイトルが何とも...)は前作の『AMORE~恋せよ!乙女たちよ!!~』から僅か3ヶ月のインターバルという早さで、すごい意欲的です。15thシングルと16thの間はちょうど一年待ちでしたからね~。秋のリリースに相応しく、キャッチーなメロディをセンチメンタルに聞かせる仕上がりになっています。そして勿論、今回もこれまで通り、北原愛子のコア・コンピタンスであるラテン系ポップス路線をしっかりキープしているところ、さすがです!

『その笑顔よ 永遠に』
2008年11月5日発売
1.その笑顔よ 永遠に
 作詞:北原愛子 作曲:DARIA/FUYUKI 編曲:古井弘人
2.ラベンダー
 作詞:北原愛子 作曲:中島康孝 編曲:スピカ
3.その笑顔よ 永遠に-instrumental-

北原愛子Official Web Site: http://www.aiko-k.net/
[PR]

  by risky_k | 2008-11-09 16:28 | risky_k's MUSIC

kazami

a0033530_19102394.jpgしばらく出張の行ったり来たりでブログを留守してましたが、ずいぶんと日が短くなったのにはビックリです。秋か・・・

さて、久々の今日はkazamiについて書きます。
これまでにシングル10枚とアルバム1枚をリリースしていますが、たぶん一般に知られているのは、2003年にフジテレビ系時代劇「大奥」の主題歌として使われた『I Say A Little Prayer』だったかもしれません。 しかり2006年の3月のシングル『G線上のアリア』以降、リリースはなくなり、彼女のWebsiteもだいぶ前に閉鎖されてしまったので、今では音楽活動をしていないのかも...。

SonyMusicのライナーノーツでは、【2000年の初夏、レコード会社に送った1本のでもデモテープがきっかけとなり、同年10月、弱冠14歳にしてkissmarkのCMソング『Dreamer』でデビュー】と紹介されています。 『Dreamer』と、それに続くセカンドシングルで、またマイベストでもある『Only Truth~夢じゃないkiss~』のパワフルな声質は、荒削りながらストレートに迫ってくるkazamiの個性がみごとに表現されていて、一気にファンになりました。

その後、2003年6月リリースの『リズム』ではヒップポップ路線に移行、翌月には『I Say A Little Prayer』で60年代の曲をカバー、そして同年9月に『Moments in The Sun』ではレゲエと、CDリリース毎に新たな挑戦を繰り返してきました。今から思うと、新しい音楽フィールドにチャレンジするというより、たてつづけのリリースラッシュの中で、方向性を見失っていったようにも思えるのです。毎回新曲が出る度に今度こそと期待しながら、彼女の最大の持ち味であった力強いボーカルは影をひそめてしまっていました。それがSonyMusicのプロデュース方針だったのか、kazami自身の希望だったのか、知る由もありませんが。

3枚目のシングル以降はほとんど全てのCDを購入していたのですが、最も彼女らしさが表現された最初の2枚だけが手元にないことに気が付きました。当時レンタルCDをMDに録音したのだったか。実は急にもう一度聞いてみたくなって、今更ながら今回CDを購入しました。

今でもニューリリースを待ち続けているデビュー以来のkazamiファンが、ここに1名います。セルフプロデュースでも何でも帰ってきて欲しい。応援します!
[PR]

  by risky_k | 2008-09-21 19:12 | risky_k's MUSIC

北原愛子 『AMORE~恋せよ!乙女たちよ!!~』

a0033530_1092479.jpg8月6日の発売日から一日遅れで買いました!
北原愛子の16thシングル『AMORE~恋せよ!乙女たちよ!!~』(タイトルが何とも...)
前作の「SAMBA NIGHT」からちょうど一年ぶりのリリースで、夏~ラテン~北原愛子の三段論法が確立されたようです。昨年の前作リリースの日、地元のCDショップに見当たらず慌てまくったので(どこに住んでる!)、万全を期して今回はアキバのCDショップまで帰りに足を伸ばしてゲット!もちろんしっかりと先着特典のポスターも頂きました。さすがにアキバでは知名度高めで、ソフマップ音楽CD館と石丸電気SOFT2の両店とも、入口近くの好位置でPVを流していました。

今回のニューリリースもタイトル曲から3曲目のバラード『キンセンカ』まで、全ての楽曲がラテン路線を一直線!デビュー以来、ラテンポップスの道を極め続けるこの潔さが驚異的ですらあります。2曲目の『恋の引力』はキャッチーなメロディラインが気持良く、いかにも北原愛子らしい作品。『AMORE~』よりもシンプルなこちらの曲の方が好きかも...。

AMORE~恋せよ!乙女たちよ!!~
2008年8月6日発売
1.AMORE~恋せよ!乙女たちよ!!~
 作詞:北原愛子 作曲:平賀貴大
2.恋の引力
 作詞:北原愛子 作曲:畑真也
3.キンセンカ
 作詞:北原愛子 作曲:三宅竜博
4.AMORE~恋せよ!乙女たちよ!!~ -instrumental-

北原愛子Official Web Site: http://www.aiko-k.net/
[PR]

  by risky_k | 2008-08-09 10:10 | risky_k's MUSIC

北原愛子ニューリリース

a0033530_02459.jpg夏です!そして、一年ぶりの北原愛子のニューシングル『AMORE~恋せよ!乙女達よ!!~』が8月6日に発売予定です。嬉しいことに、またまた今回も彼女のコア・コンピタンスであるラテン路線ですよ~! デビューから一貫してラテンポップスというニッチマーケットに特化している、この稀有なビジネスモデルが実に素晴らしい。北原愛子Official Website『AMORE特設ページ』がオープンしています。
[PR]

  by risky_k | 2008-07-24 00:11 | risky_k's MUSIC

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE