カテゴリ:risky_k's MUSIC( 75 )

 

陰陽座 アルバム第十弾 『鬼子母神』 (2011年冬)

a0033530_19254334.jpg製作中の陰陽座の新しいアルバムに関する情報が公式HPに告知されました。
タイトルは『鬼子母神』(きしぼじん)!
今回はオリジナル・ストーリーを軸とした作品で、全体を構成するシナリオが書き上がって、まだまだこれからが曲作りという段階とのこと。
昨年のうちから、2011年は第十作目となるアルバムを年内にリリースすると言われていましたが、発表時期は<2011年冬>ということで、宣言どおり何とか年内に間に合わせて欲しいです~。 そして出来上がったアルバムを引っさげて、1度だけでも年末ライヴをやってくれたらな~と密かに期待しています。

春のツアーがキャンセルになってしまったし、リーダーの瞬火さんのことだから、きっと心の中では年末ライヴのことを考えてくれているのではないかと・・・。
[PR]

  by risky_k | 2011-05-15 19:27 | risky_k's MUSIC

幻の陰陽座ライヴ4.18.2011@Zepp Tokyo

3月末からの全国ツアーが完全中止になった陰陽座の『春爛漫に式の集う也』でしたが、本来ならば今日4月18日が参戦を予定していたZepp Tokyoでのライヴ当日でした。
震災以降、取り合えず公演見送りがまず決まり、その後、振替公演を行うか中止かについて暫く検討した結果として、完全中止という最終決定が4月初に公式HPで発表されたのでした。

公式HPでの発表と同時に、リーダーである瞬火さんがブログに完全中止を決めた経緯について、詳細かつ丁寧に書かれた文章を載せています。

大震災と津波被害によってライヴ実施を見合わせるに至った経緯からして、振替公演と言っても、いつなら再開出来るのか、その見通しをたてることが困難であろうことは、容易に推測出来ました。 従って全ツアー中止が告知された時も、やはり・・・という思いではありました。

しかし、一時期活動を見合わせていたアーティスト達が、手の裏を返すように今度は一斉に復興支援という名目(?)でライヴやイベント活動を激化させているのが今日現在の状況です。 自粛から応援へ、タイミングを合わせるようにスイッチを切り替えるが如くの整理の仕方といい、世間の目への過剰な配慮と同業者の横並び姿勢が窺えてしまいます。

これも想定どおりと言えば、想定どおり。 むしろ今になってこそ「陰陽座」の潔さに拍手を送りたい。
空白になった期間も、弛むことなくやるべきことを進めると瞬火さんは同じブログで表明してくれていますので、今年の目標である新アルバム制作に弾みがかかることを期待しています。
[PR]

  by risky_k | 2011-04-18 22:01 | risky_k's MUSIC

陰陽座全国ツアー『春爛漫に式の舞う也』

a0033530_22593722.jpg本来であれば今日3月30日、札幌からスタートする予定だった陰陽座の全国ツアー『春爛漫に式の舞う也』でしたが、2週間前に中止が告知されました。
震災後かなりの確率で中止か延期になるだろうとは予想していましたが、正式に決まってしまうと、正直やはり寂しい気持ちがします。
今回の地震と津波によって被災した方々の生活は、今も悲惨で過酷な状況にあることは間違いなく、その方々を思うとライヴどころではないというのは疑いのないところではあります。

しかしながら、多くのイベントやライヴが実質的に自粛という理由で中止されている一方で、被災地を元気付けるという名目で展開されるイベントも多いことをみるに、どっちにしても世間体を重んじた大人の事情が垣間見えてしまうのが、最近の自分としては少し引っかかるところでした。

そんな思いを察してか、今回のツアー中止に関して、その経緯について書かれたリーダー、瞬火さんのブログ記事を読んで、そのモヤモヤも消え去りました。 ここで部分的に引用したり、要約することは敢えて避けますが、間近にせまったツアーを前に、グループのメンバー・スタッフ関係者と考え悩み、最終的にはリーダーである彼が中止を決断したこと、そして中止決定に係わる全ての責任は彼自身にあることを明言しています。
ライヴでのMCはぐでぐでなのに、自分の考えを整理しストレートに纏められた長文はきっと何度も推敲を重ねて書き上げたものでしょう。 その行間からはリーダーとしての責任感と、ファンに対して正面から向き合おうとする彼の誠実さが滲み出ています。

ライヴが延期という形で実施されるのか、或いはやはりキャンセルなのか、やがて発表されるであろう告知を静かに待ちたいと思います。
[PR]

  by risky_k | 2011-03-30 23:04 | risky_k's MUSIC

『春爛漫に式の舞う也』

a0033530_23412056.jpg(゚∀゚)キタコレ!!
かなり前に申し込んでおいた陰陽座の全国ツアー2011『春爛漫に式の舞う也』のライブ@Zepp Tokyoのチケットが届きました~!
まだか、まだか・・・と不安になった頃に漸く発送されてくるという、相変わらずのGLANZ品質でありますが、今回は100番以下をゲットです。
朱色のチケットが神々しい!
今年はアルバム作りに専念するため、ライブはこのツアー1回だけと宣言していますので、駆けつけねばなるまいっ。 まだ一カ月以上先ですが。
[PR]

  by risky_k | 2011-03-03 23:41 | risky_k's MUSIC

陰陽座ニューシングル 『紺碧の双刃』

a0033530_15391189.jpg来年2月9日にリリースが決まった陰陽座のシングル『紺碧の双刃』が初めてNACK5の「HOT ROCKIN'」でオンエアされました。
2009年夏にシングルリリースした「蒼き独眼」の直系の続編と紹介されていただけで、どんな曲なのか、音源の解禁を待ちかねていましたが、遂に聞きましたー!

期待どおり黒猫さんのボーカルで始まり、どこで瞬火が被せてくるのかを思ったら、いきなりのデスボイス(爆)! ナニを言っているか全く聞き取れなかったですが、ライヴでも盛り上がりそうなキャッチーな曲展開です。
スピード感のあるメロディに対して、 相変わらずというか、いつもより更にパワーアップした感のある黒猫さんの伸びやかで安定感のあるボーカルがマジ凄い!

しかし2月まで先が長~い。PVロケが終わったようなので、せめて早くPVを完成させて流して欲しいものです。
それから先行情報も発表! キタ━(゚∀゚)━!!
(但しファンクラブ限定なので・・・)

問題は12月22日発売の全曲収容BOXセット『陰陽大全』を買うべきか、買わざるべきか。
最終的には買ってしまいそうな予感・・・。
[PR]

  by risky_k | 2010-12-05 15:43 | risky_k's MUSIC

JUJU 『この夜を止めてよ』

a0033530_23302350.jpg冬のリリース曲は勝負曲、と巷では言われていますが、JUJUの新曲「この夜を止めてよ」が11月17日にいよいよ発売日を迎えます。
作詞、作曲は松尾潔さん、松本俊明さんという最強コラボ。

JUJUさんはデビュー当時からのお気に入り。それから彼女ほどブレイクしていませんが、YU-Aさんも個人的にはプッシュ中。 このふたりの、どちらも個性的な声質が好きなんです。

ドラマ「ギルティ」の主題歌としてTVでは流れているのでしょうが、ドラマの方は全く見ていないので、逆にイメージがカブることなく純粋に歌詞の世界に入れるというか、曲のイメージが広がるという場合もありますよね。

「"愛してる"っていうあなたの言葉は"さよなら"よりも哀しい」 というキャッチーな歌詞が印象的ですが、PVの冒頭ではその世界観が携帯での短い会話という形で演出されています。

彼女「声、聞かせて」
彼氏「ごめん・・」
彼女「声、聞こえた・・ありがとう」

携帯の会話が途切れてしまいお互い無言になった瞬間の辛さ、それでも気丈に彼のことを気遣う女性の哀しさが、この短いやりとりから痛いほど伝わってきます。

「終わりにしたいのなら 5秒だけ下さい。目を閉じて深呼吸 その間に忘れてあげるわ」

別れを切り出せない彼に対して、彼女の本心とは正反対のセリフなんだろうけれど、こんなことを言われたら逆に別れられなくなるだろうなあ。 むしろ彼はこう言われるのが判ってしまっているから、別れを切り出せないのかもしれない・・。
(歌詞はこちらで)

今プレイ中のPCゲーム「Steins;Gate」では、ルカ子ENDへの世界線を辿っているところですが、数日だけでも恋人になって欲しいと願うルカ子に、それを受け入れるものの投げやりなデートをしてしまう岡部。 それでも最後の日に「恋人でいれくれてありがとう」と岡部に言うルカ子の健気さに、ちょうど「この夜を止めてよ」の歌詞を重ねてしまうのでした。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-15 23:33 | risky_k's MUSIC

Cheuniコンサート~えにし~

a0033530_2331121.jpg昨晩、チェウニのコンサートを聞きに行きました。 
会場は日本橋公会堂で、キャパは400人ちょいくらい。 彼女は冒頭で500人と言っていましたが、少なくても2階の両端は使っていなかったようなので、観客は300人程度だったかも・・・。
途中15分の休憩を挟んだ2部構成は、マジョリティだったシニアオーディエンスへのトイレ配慮かな?

1部で10曲、2部も同じ程度の曲数をMCを交えて一気に唄いまくるという、構成も演出もほぼ皆無という潔さ!
2部では誰かゲストを呼んでいて、間を繋ぐのかと予測していましたが、最初から最後まで一人で熱唱に次ぐ熱唱。ちょっとマイナーな曲も混ぜて、オリジナルをフルコーラスで唄ってくれましたので、コストパフォーマンスがとっても良い2時間でした。
最後から2曲目は12月15日にリリースされる新曲「雪は、バラードのように・・・」のご披露。そしてラストは「この歌をあなたに」。

ちょっと怪しい日本語でのMCは相変わらずグダグダながら、間が持たないようで持たせちゃうというか、微妙なコントロール感というか、見聞きしている方に綱渡り的な緊張感を与えるという不思議な効果をもたらしていました。
画像は会場で買ったPV集DVDと特典のサインカード。
[PR]

  by risky_k | 2010-11-02 23:32 | risky_k's MUSIC

陰陽座ツアー 『続・生きることとみつけたり!』 JCB参戦報告!

a0033530_0142375.jpg陰陽座ツアーライヴ『続・生きることとみつけたり!』の東京公演、JCBホールから帰還しました!
瞬火さんが何度もMCで、千秋楽ではなくなってしまった公演だけど、そのつもりでヤルと言っていたとおり、熱い熱いライヴでした。 アンコール4回目の予想を遥かに上回る連続攻撃に降参!

勝手に予想したセットリストの答え合わせは25曲のうち、演奏順は別にして15曲が正解でしたが、一曲目は何と「靂」でキタ~。
ロニージェームスディオの「HEAVEN AND HELL」のカバーが飛び出したのはビックリしたしたが、英語で唄う黒猫さんは新鮮でした。

いつもながら素晴らしいライヴを有難う!
そして、雨の中で傘もささずに入り待ちをしていたファンの皆さん、お疲れ様でした。
[PR]

  by risky_k | 2010-09-24 00:15 | risky_k's MUSIC

陰陽座ツアー 『続・生きることとみつけたり!』 JCB予想セトリ

a0033530_7524174.jpgいよいよ今日です!
陰陽座のツアーライヴ『続・生きることとみつけたり!』の東京公演! ハコは勿論、JCBホールです。
本来ならば、7月11日に横浜から始まった全国ツアーの締めを飾るライヴのはずでしたが、黒猫さんの体調不良による一部会場の公演延期のため、ファイナルではなくなったという想定外な展開ではあります。
でも、大事をとって途中お休みしたお陰で、猫さんのボーカルも完全復活していますし、ファイナルのつもりでJCBをエンジョイするのみ!

各ライヴでセットリストをどんどん変更しているし、特にオープニングは毎回違う曲をもってきているので、さてどんな展開になるのか?

今回の各地会場でのライヴを参考にした結果、独断且つ一方的な思い込みによる予想セットリストを作ってみました・・・一曲目は「鬼斬」・・
1. 鬼斬忍法帖
2. 貍囃子
3. 煌
4. 妖花忍法帖
5. 鬼一口
6. 目々連
7. ひょうすべ
8. がしゃ髑髏
9. 叢原火
10. 顎門
11. 蒼き独眼
12. 睡
13. 孔雀忍法帖
14. 氷の楔
15. 月花
16. 羅刹
17. 生きることとみつけたり

E1 骸 
E2 がいながてや
E3 組曲「九尾」~殺生石
E4 悪路王
E5 陰陽師
E6 卍
E7 おらびなはい
E8 喰らいあう
[PR]

  by risky_k | 2010-09-23 07:57 | risky_k's MUSIC

グランツーリスモ5 『5OUL ON D!SPLAY』

a0033530_0401984.jpgゲームミュージックの話題です。

いよいよ満を持してのリリースが11月3日に確定したPS3タイトル「グランツーリスモ5」ですが、そのE3 2010版コンセプトムービーのTrailer Songとなっているのが『5OUL ON D!SPLAY』by Daiki Kasho。
ムービーの映像質感にまず感動しますが、それよりも私としては、このめちゃカッコイイ曲にヤラれてしまいました! 如何にもこれから走るぞ~、とその気にさせられてしまいます。

YouTubeにアップされている同曲のFull Version音源(4m21s)からDLしたものをmp3に変換して、コペンに常時接続した専用iPodに入れて聞いています。 イグニッションオンで、一番最初に流れるように曲順を設定。 つまり只今現在のドライブ用OP曲ですね!
[PR]

  by risky_k | 2010-09-08 00:44 | risky_k's MUSIC

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE