「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」

a0033530_22314497.jpg映画演劇文化協会が主催する「午前十時の映画祭 何度見てもすごい50本」の選出が決定し、来年2月から1年間掛けて順次上映されます。
往年の映画(1950~1970年代)を中心に一般投票と選考委員によって厳選されたものですが、意外というか個人的に嬉しかったのはミア・ファローとトポルが共演した「フォロー・ミー」が入っていたこと。以下が一般投票によるベスト10ですが、4位に入っているのが驚きです。 公開当時はそんな話題になっていた記憶はなかったのですが・・・。
何といっても毎年250本近くの映画を見まくっていた時期でしたが、同映画のテーマ曲を書いたジョン・バリーが全盛の頃でした。映画自体は地味なテーマでしたが、印象的なテーマ曲が映画の魅力を倍増させていました。(トポルが食べていたマカロンが妙に美味しそうだったが、当時マカロンを知らなかった私)

1.ショーシャンクの空に
2.サウンド・オブ・ミュージック
3.ニュー・シネマ・パラダイス
4.フォロー・ミー
5.風と共に去りぬ
5.ローマの休日
7.スタンド・バイ・ミー
8.2001年宇宙の旅
8.小さな恋のメロディ
10.E.T.

ジョン・バリーと言えば「ある日どこかで」もしっかりと50本の中に選出されています。流麗なテーマ曲「Somewhere in Time」は数多い映画音楽の中でも最大傑作の一つでしょう。
[PR]

  by risky_k | 2009-12-21 22:34 | risky_k's MOVIE/TV

<< New Project始動! 作業着手! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE