『ヤッターマン』

a0033530_19152690.jpgオープニングからいきなり始まった渋山でのバトルシーン。最初の10分はCGデザインのメカのユルさついていけず、冒頭からこれじゃ参ったなぁ~最後までもつかなぁ~と心配でした。ところがっ!! ドロンジョ様に見惚れていたら、いつのまにか映画「ヤッターマン」の世界に引きずり込まれラストまで一直線。原作のアナログアニメの世界を、実写+CGで見事にデジタル化し2009年に生まれ変わらせた。とはいいながら、敢えて現在的にせず、妙なバカバカしさは当時のアニメそのまんま。実に懐かしい。 最初に出てきたヤッターワンがこんなに小さかったかなぁ、ずーっと前に見てたアニメではもっともっと大きく強く見えたのに..と思ったら、ちゃんと後半で答えが用意されてました。こんなところにも、オチを用意してくれているのが嬉しい。もちろんこの作品の最大の成功は、フカキョンのキャスティングにあることは言うまでもない。ともかく美術が素晴らしい!
[PR]

  by risky_k | 2009-05-04 19:17 | risky_k's MOVIE/TV

<< 菊地弘子 『青いくれよん』 FOMA SH-04Aレビューその4 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE