RADEON 『HD4850 IceQ4』

a0033530_1935342.jpg現在メインマシンとして運用しているのは、Core 2 Quad Q6600とビデオカードにRADEON HD3850という組み合わせ。もともと昨年2月に組んだマシンを、今年の1月にCPU他あれこれ換装したもので、マザーボードと電源装置は初期状態のまま。というわけで、マザーボードがP5B Deluxeというのは、ちょっと寂しい感じ。
今ではCPUは45nm化されてQ9000シリーズに進化しているし、RADEONはHD4800シリーズを投入したし、実は新規マシンの製作構想を密かに練り始めたところです。

特にグラッフィックボードは、ここ数世代NVIDIAの後塵を拝していたRADEON派としては、HD4800シリーズのリリースを見逃すわけにはいきません。しかしGPUの発熱が大きそうで、特にHD4850は1スロット構成だけにケース内のエアフローに問題が出そうだし、HD4870は2スロット仕様ですがリファレンスクーラーでは騒音が気になります。

今メインマシンで使っているHD3850はHIS製のIceQクーラーを採用したもので、よく冷えて騒音も小さいので、IceQ採用のHD4800が出ないのかと調べたら、リリースの情報はある様子。そして更に、最近になってHISのサイトに『HD4850 IceQ4』のラインアップを発見!20%の冷却能力アップとあります。そしてHD3800ではIceQ3だったのが今度はIceQ4です。でも今日アキバを巡回した限りでは、まだこの製品は出回っていない様子です。いつ出回るのでしょうか? HD4850に2スロット仕様のオリジナルクーラー付きのこのモデルが出たら、売れ筋間違いないでしょうに。

自作プランはHD4800シリーズIceQ4モデルの国内リリース待ち。ということになりそうです。
[PR]

  by risky_k | 2008-08-03 19:36 | risky_k's PC/GADGET

<< SALOMON 『ALPINE... 北原愛子ニューリリース >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE