舞台「LIVING ADV Steins;Gate」を観ました

a0033530_17425212.jpg
ふと気が付くと、相当期間こちらのブログが放置状態になっていました。
ゴメンなさい~。
このところ、クルマ系のSNSの方に注力(?)ぎみだったもので。
あちらとこちら、同時並行はなかなか難しいです・・・。

という言い訳は置いといて、と。

やっぱり観てきましたっ! 観てしまいましたっ!
舞台版「Steis;Gate」のSG編を、昨日!

企画化の段階の当時から、公演日程やキャストが決まっていく過程とか、ずっとチェックは続けていましたが、ある時期から舞台版はパス、と割り切るようしていました。
だって、実演ともなるとオリジナルのイメージが大幅に変わることは避けられないでしょうから。
でも千秋楽が20日になって、その前日、しかもSG編が昨日19日の夜公演、そして行こうと思えば行ける・・・という状況に至って、遂に当日券を求めに午前中からお台場の会場に走ってしまいました。

入場開始の17:30。当日券でしたので、席はずっと後ろの方でしたが観劇にはまったく支障はなさそう。そしてどんどん席が埋まって、開演直前には満席に!
うううっ~、なんでか緊張してきたぁぁぁ。。

そして18:00ジャストに公演開始!
シナリオはほぼオリジナル通り、キャラ別のエピソードも描かれているし、台詞もその言い回しもオリジナルを踏襲。これまで何十回、何百回と聞き慣れた、ゲーム・アニメで使われたBGM、そしてスカクラを筆頭に定番OP、ED曲が流れて、どんどん引き込まれていきました。
ひとことで言い表すと、懐かしい~~っていう感じ。

「跳べよ~~~っ!」で、途中15分の休憩。前後で3時間以上に及びましたが、SGに至るメインストリームを一気に演じてくれました!
特に後半は複雑な展開の部分を詰め込み過ぎという感はありましたが、シュタゲの名場面、名セリフを全部拾い上げようという熱意が伝わってきました。
ゲームをやっていない人、アニメを見ていない人には、きっと判り難かった(というか恐らく無理か・・)と思いますが、ここに集った人たちにそんな人はいないでしょうから、これで良し!

やっぱりSteins;Gateは奇跡の作品なんですね~。
[PR]

  by risky_k | 2013-10-20 17:47 | risky_k's MONOLOGUE

<< 映画「陽だまりの彼女」感想 秋葉原ラジオストアー、11月末に閉館 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE