メインPCのリニューアル(その4)~有線LANの回線速度低下

a0033530_23105453.jpg無線ルーターとイーサネットコンバーターをNECの「Aterm WG1800HP/E」に交換して、我が家の無線LAN環境が快適になったものの、ふと気が付くと、最近組み替えたばかりのメインPCの有線LANの通信速度が異常に遅くなっていることに気が付きました。

CATVの「J-COM 160MB」コースに加入していて、これまで組み直す前のメインPCでは80Mbps程度は出ていたのに、測定してみると何と下りで2Mbp台! 上りは1Mbps以下!
モデムやルーター設定、メインPCのLANドライバーまで疑いましたが、どうにも解決せず。
しかし、ネット検索してやっと原因が特定出来ました。

悪さをしていたのは、ASUSのマザーボードに同梱されたたユーティリティー「AI Suite II」のツールのひとつである「Network iControl」だったようです。

ネット情報によれば、AI Suiteをアンインストールしても症状が変わらず、OSの再インストールが必要だったという書き込みもあったので、一大事かと心配しましたが、結果的には同ユーティリティーをアンインストールすることで解決。

回線速度は80Mbps台に戻りました!
(念のため、一度AI Suiteを起動して「Network iControl」を無効にした後にアンインストールしました)

ただASUSのユーティリティーのうち、ファンコントローラー「Fan Xpert2」だけは使い続けたかったので、再度その機能だけを選択インストールし直しました。
[PR]

  by risky_k | 2013-06-10 23:11 | risky_k's PC/GADGET

<< メインPCのリニューアル(その... 無線ルーター NEC 「Ate... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE