無線ルーター NEC 「Aterm WG1800HP/E」

a0033530_1927119.jpg久々に我が家のネット環境を見直すことにしました。
数年前からCATVのインターネットサービスを利用していますが、書斎に設置したBUFFALOの無線LANルーター「WZR-HP-G300NH」にメインPCとサブPCを有線LAN接続し、リビングルームのSONY製Blu-rayレコーダーをイーサネットコンバーター「WLI-TX4-G54HP」を介して無線LANで接続するというネットワークでした。

最近メインPCを組み直したこともあり、またスマートフォンを「Xperia A」に買い替えたことを期に、最新の無線ルーターに買い替えました。
購入したのは次世代無線LAN規格であるDraft 11acに対応した無線LANルーター、NECの「Aterm WG1800HP/E」です。
親機とイーサネットコンバーターがセットになったパッケージですが、箱を開けると全く同じ機器が2台入っています! スイッチの切り替えで両用出来るようになっているんですね。

家では有線接続しているメインPCとサブPCの2台他、プリンター、ノートPCや、PSP、PS3や、Canonのデジカメまで無線LANで繋いでいるため、ルーターを交換すると設定変更が一仕事なので、これまで躊躇していたのですが、交換して正解でした。
無線LANの通信速度が大幅に改善しました。

特に改善されたのは以下2点です:
1.イーサネットコンバーターと親機の間の通信速度が大幅に改善し、リビングルームに設置したSONYのBlu-rayプレーヤーの録画ビデオを、スマホや書斎のPS3をDLNAクライアントとして視聴する環境が快適になりました。
2.ノートPCやスマホをリビングルームで利用する際、これまでは離れた書斎の親機に無線LAN接続していたため、速度が不安定でしたが、リビングのイーサネットコンバーターに中継接続出来るようになったため、無線LANの速度が飛躍的に改善しました。
[PR]

  by risky_k | 2013-06-08 19:28 | risky_k's PC/GADGET

<< メインPCのリニューアル(その... メインPCのリニューアル(その4) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE