Walkman NW-A866

a0033530_14394347.jpgSONYのWalkmanを買い替えました。
これまで使ってきたA828(8GB)と同じライン上にある、AシリーズのA866(32GB)です!

A828の発売時期を調べてみようとググッてみたら、2008年3月と出てきたので、たぶん4年間近くは使ってきたんでしょうね~。 オリジナルで付属していたノイズキャンセラー付きのイヤーフォンは断線して戦線離脱したものの、本体は依然として健康体のまま・・・と言いたいところですが、流石にバッテリーがヘタってきました。

ということで、暫く品薄だったA866の32GBモデルが出回っていたので早速購入しました。
昨今はスマートフォンで音楽を聴いてる人も多いようですが、何だかんだ言ってもほぼ毎日使っているものなので、私には専用メディアプレーヤーが必需品!

写真はA866のパケージと新旧2台(左がA866、右がA828)を並べたところですが、ディスプレイは勿論新しいA866の方が2.8型WQVGA(400x240ドット)と大きくなっているものの、本体の大きさはほぼ同じくらい。 ただ質感はA828の方が剛性感があって、材質的にも高級感がありましたね。 A866はちょっとオモチャっぽいのが残念なところ。

問題はインファーフェースですよね~。
基本メニューは以前とあまり変わっていないので、特にマニュアルも見ず、そのまま移行していますが、この2.8型画面でのタッチパネルは私の指ではほぼ限界だし、選曲のスクロールもコントロールし難いし、慣れるまでイライラしそうです・・・というか慣れるのかなぁ~?

X-アプリから約2,200曲のライブラリーをA866に転送したのですが、途中で何故か読み込めない曲があってハングアップしたり、半分も転送されていないのに転送終了のような挙動だったり・・・と、X-アプリが3回ほどズッコケました。
使い勝手は悪いし、デザインも良くないし、ず~っと前からそうですが何とかならないものでしょうか。
[PR]

  by risky_k | 2012-04-30 14:41 | risky_k's PC/GADGET

<< GW was over... 陰陽座ライブ 『絶界の鬼子母神... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE