陰陽座ライブ 『絶界の鬼子母神』@NHKホール

昨晩行われた陰陽座のライブ『絶界の鬼子母神』。NHKホールで行われた千秋楽公演に参戦しましたので、一日遅れのレポートです。

会場に到着したのは15時45分頃。 その段階でグッズ先行販売には5meterくらいの列がありましたが、ツアーTシャツや扇子の主要アイテムは何と既に売り切れ!? せっかく早く来たですが、直ぐにまた渋谷駅方面に逆戻り。(今回、事前にTシャツとリストバンドは購入&着用済、扇子は前回ツアー用を装備済でしたが、Tシャツをもう一枚買いたかったので・・・) 

時間調整のため駅周辺を散策後、小雨がパラつき出した中を17時開場の30分前にNHIKホールに戻りましたが、全席指定だけあって、徐々に周辺に集まりつつある皆さんは、まったりと開場を待つという風情。 いつものライブハウス公演のように順番待ちの殺気立った雰囲気とは別物でした。 そして17時ジャストに入場開始!

入ってすぐ左側の物品販売にあっという間に長い行列が形成されつつありましたが、順番が待ちが大変そうなのに、殆ど売り切れなんて可哀想に~、と思いながらも横目で見つつ真っ直ぐ奥に突入。 奥の方では、CDとDVDの販売カウンターが設置され、先着順でメンバー全員の直筆サインカードの限定配布をやっていましたが、CD/DVDは殆ど全部持ってるし~、ということで直筆サインには魅かれたものの、ここもスルーしてホール内へ。

前もってホール内での位置関係は確認済でしたが、2階席前方のずーーっと右端!
悲惨な場所と覚悟していた割には、右45度くらいの角度で猫さん視聴に問題なし、また右端の空きスペースが荷物置き場として確保出来たし、まあまあでした。
あっ、でもサポート・キーボーディストの阿倍さんの姿は、完全に演奏中ずーっと見えず!(笑)

1部は休憩なし、MCなしでのアルバム組曲「鬼子母神」の全曲披露!
初めて見る右斜め上からの黒猫さん。前屈みになって左手の振りが目立ってましたが、アルバム再現性はいつもながら抜群で、ぐいぐいと引き込まれました~。
驚いたのは瞬火さんのボーカルがメチャ上手くなってたこと。感激!

15分の休憩に続いて、定番曲による2部がスタート。
「鳳翼天翔」から始まって怒涛の展開、そして千秋楽お約束のアンコール曲ラッシュ!
第1部では丁寧に演奏し、歌っていたメンバーたちでしたが、2部ではのびのびと言うかリラックスしてと言うか、1部でのストレス発散というか、かなりはっちゃけておりました。

公演終了後、耳に後遺症なし、
ホールの構造なのか、スピーカーからダイレクトの音よりもホール内で反響して耳に届いてたって感じ。

ツアー最終日だったのでグッズの在庫がなくなったのでしょうが、東京でのライブで、それも開場前に売り切れとはね~。 特に扇子は現地調達のつもりでいたファンは多かったはずで、一列前の人は扇子がなくて空しく指を広げて振っていたのが寂しげではありました。
[PR]

  by risky_k | 2012-04-23 23:26 | risky_k's MUSIC

<< Walkman NW-A866 「絶界の鬼子母神」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE