新しいTVとJ:COMのSTB交換

予告どおり8月28日に52インチの液晶TVが到着、またJ:COMのセットボックス(STB)も同日に交換してもらいました。

TVの配達車が到着したのは当日の14時頃。 取り合えずTVだけ映るように設定してもらい、15分足らずでクルーは撤収。 これまで使っていた37インチの液晶TVを引き取ってもらいました。 その後、マニュアルを横目に粛々と周辺機器との接続を行っているうちに、J:COMのSTB交換クルーが15時頃に到着。 
新しいSTBはHD内蔵のレコーダーでHUMAX製のJC-5100。 TVとの接続だけをやってもらい、これまた15分足らずで撤収して頂きました。

それから、TV、BDレコーダー、JCOMのSTB、ホームシアターを接続して各種設定を開始。
まずは新しいTVとSTBのインプレッションから:

52インチ液晶カラーテレビ
AQUOS LC-52Z5

1.流石に37インチに比べると圧倒的な大きさ! でも二日で身慣れてしまう。
2.さほど大きくない地震でも倒れそう。 プレートをネジ止めしました。
3.思ったとおりの色合い。標準では青みが強いかな。
4.筐体が薄いのが致命的なのでしょうが、音がヒドイ。(ホームシアター必須!)
5.番組表はCMがなくなって、表示領域が広くなり観易くなった。
6.USB接続によるHD録画は簡単で、思ったより使えそう。少なくてもBDレコーダーの容量不足をカバーする役割には十分か。
7.未だに良く判らない常連番組機能というコンセプト。

CATVデジタルセットボックス
HUMAX JC-5100

1.操作系は交換前のJC-4100と殆ど替わらず、リモコンも録画系ボタンが多いだけ。
2.番組表は相変わらず観難い。
3.番組表から予約を押すと録画予約完了。(JC-4100では視聴予約)
4.STB背面に二つのiLink端子。(これがSTB交換の目的!)


さて、最大の懸案だったSTBからBDレコーダーへのデジタルムーブ・コピーが成功したかどうか。 それについては次回レポートします。
[PR]

  by risky_k | 2011-09-05 20:38 | risky_k's PC/GADGET

<< アニメ 『Steins;Gat... アニメ 『Steins;Gat... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE