J:COMのセットボックスを交換します

この度、液晶TVを買い換えることにしたので、この機会に周辺機器の環境も見直して改善しようと思い立ち、JCOMのセットボックス(STB)をHDR(HDレコーダー)に交換してもらうことにしました。

これまでケーブルTVの契約をしてからというもの、JCOMが設置したHUMAX製のSTB「JC-4100」で視聴していましたが、Blurayレコーダーで録画したデータはデジタルでムーブが出来ず、それもCPRM対応のDVDにしか焼けないという状態でした。
これに対して以前から、パナソニック製のSTBならばレコーダーとiLink接続することで、ムーブ・コピーが出来ることは知っていたものの、我が家の地域だけなのかは判りませんが、JCOMに訊くとHUMAX製しか在庫がない言われ、そのまま諦めた形になっていました。(JCOMのウェブサイトにはパナ製とパイオニア製のSTBもリストに載っているですが)

JCOMに同じ料金を払いながら、STBが指定出来ず、その結果としてユーザーによって使い勝手に差が出るのは本来おかしいでしょ。 それに録画の品質問題は重大な機能ですので、少なくてもユーザー間での不公平さはなくすべきです。
と言いながら、今回もう一度HUMAX製のSTBでググッてみたところ、古い情報ながらJC-5000は全滅、でもJC-5100ならばレコーダーとiLink接続で使えたというレポートを見つけました。 

そこでJCOMにHDRタイプのSTBに交換を検討しているとサービスデスクにTELして、どんな機種が設置されるのか聞きました。 ちょっと待たされた後、「HUMAX製になりますが、在庫次第でJC-5000かJC-5100のどちらか・・・」という話し。 JC-5000じゃ困るわな~というわけで、「絶対にJC-5100を希望」と伝えたところ「それではJC-5100指定ということで承ります」という回答。
何だ!機種指定出来るじゃん!(但しHUMAXしばりですが)
でも、もしここでモデル指定をしなかった場合、JCOM側から何の説明もないままJC-5000が設置されるユーザーもいるのかと思うと、如何なものかと。 
HDRで録画したものを見るだけで、外部には保存せず消去するという使い方をするユーザーなら何の問題もないでしょうが、後で機種変更する場合は交換手数料が3150円掛かるというのも、どうも納得出来ないなぁ・・・。

ま、ともかくJC-5100が我が家に来ます。
手持ちのDIGAと連携出来るかは、やってみてのお楽しみということで。
STB交換は週末にしてもらったので、8月28日とまだ先です。
[PR]

  by risky_k | 2011-08-13 14:29 | risky_k's PC/GADGET

<< アニメ 『Steins;Gat... アニメ 『Steins;Gat... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE