アニメ 『Steins;Gate』 #12 「静止限界のドグマ」

a0033530_135021.jpg第12話を今朝見ました。
これまで、原作の1章分をアニメでは2話で消化してきたので、自分を含め大方の原作プレイ済み組は今回、第5章の終わりまでキッチリと収めてくれるものと勝手に思い込んでいた節があります。 しかしその一方的な予想と期待を見事に裏切ったエンディングでした。
ネット上ではこの引きの場面について賛否両論が飛び交っているようで、見るまで不安だったのですが、実際に視聴してみると意外にも違和感はありませんでした。

アニメをアニメとして予断を入れずに見れば、素直に受け取れる引きになっているし、2クールの枠内で各話をどう切るか、制作側は最終話までの構成をしっかり設計しているはずですので、一喜一憂せずにアニメを楽しむのがベストですね。

と言いながらやはり比較してしまうのですが、原作ではラボ内での会話だった岡部とまゆりのシーンを屋上に移し、未来ガジェット6号のサイリウムセーバーを小道具に使ったアニメオリジナルはGood Jobでした。
一方、原作にはなかった止まった砂時計とまゆりのカイちゅう~が何を意図するのか、アニメオリジナルの伏線なのか・・・。 この新しい謎はあたかも原作厨への挑戦状のようです。(まゆりの運命が収束条件であるということを、止まった時間で象徴的に表現した、というのが私の解釈ですが)

ストーリーは萌郁のラボ襲撃とまゆりへの発砲という非日常世界に急展開し始めましたが、第5章のエンディングを意図的に持ち越したアニメスタッフは、次回のアバンを如何に使って如何に演出してくれるのか、益々楽しみになってきました。
[PR]

  by risky_k | 2011-06-24 01:06 | risky_k's MOVIE/TV

<< 今更のWebsite更新! アニメ『Steins;Gate... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE