アニメ 『Steins;Gate』 #07「断層のダイバージェンス」

a0033530_0185527.jpg第1話から伏線の張りっぱなし状態のまま、淡々とストーリーが進んできましたが、今回の第7話はDメールを過去に送ってロト6を当てようという実験が行われ、その結果、世界が僅かながら改変されました。 世界線の移動をテーブルの上のDrペッパーのボトルで表現したのは秀逸!
これで、第1話のラジ館前からの人消滅が、世界線の移動による結果だったことが説明されましたね。

今回の一番のお気に入りは、オカリンに今日は解散と言われてラボを追い出されたダルとまゆしぃ、それに萌郁の3人が公園からオカリンにメールや電話をする場面。 みんながオカリンのことを心配しているという心情を、夕焼けの公園に佇む3人のシーンで美しく演出しています。 ラボに一人残った助手も、これまたオカリンのことが心配だったからでしょうけど~。

第7話はラボメン達のキャラの立った会話と、いくつかの原作にない小さなシーンの補完によって、いよいよアニメ『Steins;Gate』の独自世界が確立したと感じさせる素晴らしい出来でした。

次回はルカ子の「やさい・・」メール、かな?
[PR]

  by risky_k | 2011-05-22 00:20 | risky_k's MOVIE/TV

<< アニメ 『Steins;Gat... ドコモ夏モデル発表 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE