幻の陰陽座ライヴ4.18.2011@Zepp Tokyo

3月末からの全国ツアーが完全中止になった陰陽座の『春爛漫に式の集う也』でしたが、本来ならば今日4月18日が参戦を予定していたZepp Tokyoでのライヴ当日でした。
震災以降、取り合えず公演見送りがまず決まり、その後、振替公演を行うか中止かについて暫く検討した結果として、完全中止という最終決定が4月初に公式HPで発表されたのでした。

公式HPでの発表と同時に、リーダーである瞬火さんがブログに完全中止を決めた経緯について、詳細かつ丁寧に書かれた文章を載せています。

大震災と津波被害によってライヴ実施を見合わせるに至った経緯からして、振替公演と言っても、いつなら再開出来るのか、その見通しをたてることが困難であろうことは、容易に推測出来ました。 従って全ツアー中止が告知された時も、やはり・・・という思いではありました。

しかし、一時期活動を見合わせていたアーティスト達が、手の裏を返すように今度は一斉に復興支援という名目(?)でライヴやイベント活動を激化させているのが今日現在の状況です。 自粛から応援へ、タイミングを合わせるようにスイッチを切り替えるが如くの整理の仕方といい、世間の目への過剰な配慮と同業者の横並び姿勢が窺えてしまいます。

これも想定どおりと言えば、想定どおり。 むしろ今になってこそ「陰陽座」の潔さに拍手を送りたい。
空白になった期間も、弛むことなくやるべきことを進めると瞬火さんは同じブログで表明してくれていますので、今年の目標である新アルバム制作に弾みがかかることを期待しています。
[PR]

  by risky_k | 2011-04-18 22:01 | risky_k's MUSIC

<< アニメ 『Steins;Gat... アニメ 『Steins;Gat... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE