Crucial製SSD 64GBx2によるRAID 0

a0033530_16345875.jpg先日購入しておいたCrucial製のSSD 64GBx2台を使って、メインPCの再構築作業を完了しました。
今回はマザーボードとCPU他は変更せずに、これまでシステムディスクとして使っていたIntel製SSD (X25-M 80GB)単体に替って、新規のSSDx2台によるRAID 0構成への変更がメインで、ついでにデータ用HDDの交換によるストレージ容量2TBへのアップが目的。

マザーボード上のSATA 6Gb/sコネクタにSSDを接続したいところでしたが、ネット情報によれば、この2基のSATAコネクタを制御しているMarvell 9128ドライバは、SSDでのRAID 0には不向きとのことだったので、P55チップセット制御側の3Gb/sコネクタに接続しました。
その結果、CrystalDiskMarkのスコアは画像のとおり!

Windows 7 64bitとアプリ類の再インストール後、HDDの交換とデータ移行も行ったので、各種設定の復旧含め予想どおりほぼ丸一日の時間を要しましたが、何とかメインPCが新装開店となりました。
[PR]

  by risky_k | 2011-04-10 16:36 | risky_k's PC/GADGET

<< アニメ 『Steins;Gat... アニメ 『Steins;Gat... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE