陰陽座全国ツアー『春爛漫に式の舞う也』

a0033530_22593722.jpg本来であれば今日3月30日、札幌からスタートする予定だった陰陽座の全国ツアー『春爛漫に式の舞う也』でしたが、2週間前に中止が告知されました。
震災後かなりの確率で中止か延期になるだろうとは予想していましたが、正式に決まってしまうと、正直やはり寂しい気持ちがします。
今回の地震と津波によって被災した方々の生活は、今も悲惨で過酷な状況にあることは間違いなく、その方々を思うとライヴどころではないというのは疑いのないところではあります。

しかしながら、多くのイベントやライヴが実質的に自粛という理由で中止されている一方で、被災地を元気付けるという名目で展開されるイベントも多いことをみるに、どっちにしても世間体を重んじた大人の事情が垣間見えてしまうのが、最近の自分としては少し引っかかるところでした。

そんな思いを察してか、今回のツアー中止に関して、その経緯について書かれたリーダー、瞬火さんのブログ記事を読んで、そのモヤモヤも消え去りました。 ここで部分的に引用したり、要約することは敢えて避けますが、間近にせまったツアーを前に、グループのメンバー・スタッフ関係者と考え悩み、最終的にはリーダーである彼が中止を決断したこと、そして中止決定に係わる全ての責任は彼自身にあることを明言しています。
ライヴでのMCはぐでぐでなのに、自分の考えを整理しストレートに纏められた長文はきっと何度も推敲を重ねて書き上げたものでしょう。 その行間からはリーダーとしての責任感と、ファンに対して正面から向き合おうとする彼の誠実さが滲み出ています。

ライヴが延期という形で実施されるのか、或いはやはりキャンセルなのか、やがて発表されるであろう告知を静かに待ちたいと思います。
[PR]

  by risky_k | 2011-03-30 23:04 | risky_k's MUSIC

<< Crucial SSD C30... 「その問題を、解決してはならない」 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE