『月の恋人~Moon Lovers~』 最終回

a0033530_23364365.jpg第7話を遅ればせながら録画で見た後で、最終回も録った後でこっそりと見届けるつもり、と書いた以上、その結果はどうだったか・・・ということで、フォローを書きます。
『月の恋人~Moon Lovers~』最終回の放送は7月5日でしたので、今回も遅ればせながらのアップです。

最終回は2時間15分の長尺でしたが、このドラマ、明らかに何話目からか、エンディングに向けたストーリーを途中で変更したとしか思えません。
もしも、第1話から最終回まで、最初から一貫した既定のシナリオどおりの展開なのだったとしたら、それはそれで相当な確信犯。

初回から少なくても前半くらいまでは、シュウメイがメインで「お前が欲しい」「夢中にさせて捨ててやる」「俺と結婚しろ」と、蓮介社長との二人の関係が中軸。 で真絵美と柚月はサブ扱い。 この間、二人の心のブレまくりで、とてもついていけない、と批判も多かったようですが、自分としては男女関係なら当然アリと納得、且つそんな風にブレる蓮介には共感さえ覚えていたことは、前回書いたとおり。

ところが、第7話から最終回になると、蓮介とシュウメイ二人の関係は急激に希薄に転じて、真絵美ルートに見事に分岐し、チーリンさんは登場場面すら激減するという事態に・・・。 こりゃあ、ストーリーが破綻しすぎだろw と蓮介サポーターの自分でさえ困惑する羽目に。 第7話を見て、どうやらこんな方向性になるんでは、と危惧(?)していた通り、いえいえ、予想を上回るトンデモ展開になりました。

Pや脚本家さんはどうしちゃったのでしょう。 キムタクを擁きながらの低視聴率で、上から横から相当風当たりが強かったことは想像に難くありませんが、シュウメイがメインの展開に問題あり、女性層の視聴率を取り戻すには真絵美ルートのエンドしかない、というリサーチ結果だったんでしょうかね。 勝手な推測ですが。
結局、シュウメイ、真絵美、柚月の3人とも誰も傷づかない方向、またあれほどアンチ蓮介だった風見はいい人と認定、でも竹中直人さんは一体何者だったの~? とツッコミどころ満載。
軌道修正しながら軟着陸しようとして、ハードランディングの大炎上? これも月9ワクというプレッシャー故でしょうか。

終わったかあ~とホッとした直後、ラストでウエディングドレスのドライブシーンとなり、のけ反りました! 油断した自分が悪いのですが(笑)

一方で、このドラマ、読めない展開だけに怖いもの見たさという点で、止めるに止められなかったのも歴然とした事実。
自分としてはTVドラマに関して、Blogに2回に亘って異例(?)に大きいスペースを費やして書いたのも初めてで、それだけでも私的には十分な意義はあったかな、と。

願わくば、本来描いていたストーリーはどうだったのかが知りたい・・・。
最終回を見終わって、そんな興味が沸々と湧いてくるのでした。
[PR]

  by risky_k | 2010-07-13 23:42 | risky_k's MOVIE/TV

<< リチャード・モーガン著 『ブロ... 映画館での再会 『BIRD★SHT』 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE